170719 インフラ

『黒江の家』

インフラは、電気、水道、ガス、排水、通信。

普段生活をしていて、意識するのはせいぜい利用料金ぐらい。
お金を支払うことで、その存在を意識することなく不便なく利用できる。

インフラのあるべき姿(日本においては)。

ひとたび、どこかが壊れればたちまち大騒ぎとなり生活に支障がでる。
だから、計画と施工には細心の注意を払う。

b0129659_1425469.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-07-19 14:29 | 『黒江の家』

170715 新宮への道

新宮への道。
一般道を3h、往復6h。ただ黙々と車で走る。

道中疲れれば車を停めてカメラ片手に少し歩く。
ずっと一般道なのでこんなことができる。

これから、数十回と通うことになる道。
せっかくなので写真を撮ることに決めた。

■road to Shingu.
b0129659_1026312.jpgb0129659_10261432.jpg
b0129659_10262449.jpgb0129659_10263126.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-07-15 10:45 | 『その他工事』

170713 何か違う

『黒江の家』

あからさまな違いをつくることは凄く簡単で
同じような材料を使っていても、『何か違う』と感じられるものが難しい。

違う材料、違う商品を使うこと、奇抜な間取り、うねうねした曲線を引いたところで
本質的には何も変わらない。ただ一つのバリエーションが増えただけでつまらない。

違うものに目を向けるのではなく
今あるものの見方を変え、丁寧に捉えなおすことの積み重ね。
『何か違う』はその思考の先に生まれる。

■サッシの使い方、天井高さ、袖壁の出巾、丁寧に立ち止まって考えてみる
b0129659_1043212.jpgb0129659_1044585.jpg
b0129659_1045433.jpgb0129659_105381.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-07-13 10:37 | 『黒江の家』

170708 図面の扱い方でわかること

『京都の家』

大きな計画になると図面の枚数も多くなる。
煩雑になる図面の管理は、工務店さんの大事な仕事。

経験上、図面をきっちりと製本し、付箋が貼られていたりする
工務店さん、大工さん、職人さんの仕事は丁寧でミスが少ない。
一手間を掛けることで、その後の作業がいかにスムーズに進むかを経験上分かられているからだと思う。

設計事務所としても
図面で仕事をしている以上、それが丁寧に扱われることは素直にうれしい。

■現場には各窓ごとに描いた詳細図が、ラッピングされて吊られている。
b0129659_10474519.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-07-08 11:00 | 『京都の家』

170707 建築は曖昧さを内包する

『京都の家』

昔の建築家の図面集を見ていた時、「人が入れる寸法」と記載があった。

図面とは本来、明確な数字が記載されイメージした空間を
9mmや27mm、1,820mmと数字に置き換え誰が作っても同じものができるようにするものだ。

「人が入れる寸法」でとはなんて曖昧な表現なんだろう。
ましてや巨匠建築家の図面となればなおさら驚きを覚えた。

屋根が2枚重なるところ。
まさしくここがその部分なのだが、職人さんの作業を見ていると
腕が良くても、お腹かが出ていると無理だなと実感する。

建築のおもしろいところは
人が作り、人が使うということ。

もし、請け負った大工さんが大柄で、相撲取りのような体型だと
この屋根の隙間は大きくならざるを得なかったし、
お施主さんが、2mを超える長身の方であれば各部の有効が大きくなる。

建築は、人が入ることで曖昧さを内包する。そこがおもしろい。

■緊張感のある納まり
b0129659_8461953.jpg
b0129659_846328.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-07-07 09:07 | 『京都の家』