101102 どこまで無理をするか

軒の深い家。
瓦屋根を支える為一間ピッチで柱が立っています。
この場合、梁を突き出してそれを天秤に屋根を支えることもあるのですが
http://tsujichika.exblog.jp/14106902/
この家では無理をせず素直に柱を入れています。

どちらが良いというわけでなく適材適所の判断がされれば良いということです。

■柱がリズムを生んで意匠としてもおもしろい外観
b0129659_13324891.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-02 13:40 | 海南市の風景
<< 101104 ありがとうございました 101030 段差 >>