120203 軒と障子

昔の家ではガラス戸ではなく障子で内外を区切っていました。
深い軒があったから雨を防ぐことができそれが可能だったと考えると
軒と障子というのはセットで考えるべきもの。

障子を透過する光も
軒に一度遮られた間接光でないと
ボァッと光る障子独特の雰囲気ある光にはならない。

さらにそこに半間の縁側などがあると
床に一度バウンドした光が障子を透過する。陰影が深くなる。

□お寺の障子戸:腰までは板張り吹き降りの雨を防ぐ為 軒の影が障子にあたっている
□大野中の家3http://tsujichika.exblog.jp/i17/の和室 縁側がぐるりとまわっている

b0129659_9392353.jpg
b0129659_9395433.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-02-04 09:40 | 海南市の風景
<< 120206 ショールーム 120203 如月の空∥2012 >>