080424 「北入り」の魚屋さん

建物の入口を考える時、その位置が道路との関係で決まってしまうことが多い。
この魚屋さんは、北から入る「北入り」の入口をとっていますが、
当然太陽を背にするので影が店先におちることになります。
これが反対の「南入り」であれば日が差込むことになり鮮度が命の魚屋さんにとっては、
印象が悪く、実用的にも日除け対策に苦労することになるだろう。
反対に、カフェであれば、店先がいきいきと明るくなって良いかと思う。
家を考える時も同様。
道路に対して敷地が東西南北どちらにあるかということが、
建物の印象、使い方を決定してしまうことが往々にしてある。
どれがいいということは難しい問題ですが、
敷地に立ったときイメージしてみると判断基準の一つになると思います。

b0129659_833867.jpg
by tsuji-chika | 2008-04-24 08:43 | 海南市の風景
<< 080425 [5間+1間]の屋根 080423  0.1mmの違い >>