081021 変化

始めは皆、木の色がしっかり残っていて初々しくて新しい。
どこかそわそわした、新入生という感じを受けます。
しかし、心配ご無用。数年もすればすぐに落着きが生まれます。
自然素材で仕上げられた家と、新建材で仕上げられた家の大きな違いは
完成した時からの変化の仕方に表れます。

「仕上げられた時が一番良い新建材に対して、変化していく過程(風合い)を楽しめるのが自然素材」
銘木屋さんから教えられた言葉です。

■古い街並みが残る黒江地区で見つけたお宅。
良く見るとリフォームのようでしたが、トタンやサイディングを張らず、
しっかりとヒノキと漆喰・瓦で仕上げ、木にも余計な着色していないのがとても良いです。
変化していくことをしっかりと熟知されたリフォームだと思います。
b0129659_95488.jpg
by tsuji-chika | 2008-10-21 09:12 | 海南市の風景
<< 081022 構成 081020 コンベックス >>