081201 銅板

風化していく材料に、銅板というものがあります。
10円玉をイメージして頂くとわかるように、
はじめはピカピカと光っていますが、表面が酸化してすぐに色がくすんできます。
それが進行すると、緑青(ろくしょう)という錆びが表面を覆い、
緑色に変化していきます。

住宅の壁に使われた、銅版。
玄関の軒先に葺かれたのはよく見ますが、これは外壁に使われた例。
しぶき板の風化具合ともあいまって、とても重みのある雰囲気を漂わせています。

共に風化していくということが相性の良さを作り出している好例だと思います。

b0129659_8421567.jpg
by tsuji-chika | 2008-12-01 08:50 | 海南市の風景
<< 081202 大きな木 081129 ハイブリット >>