カテゴリ:『大府の家』( 57 )

120806 周年検査

週末『大府の家』へ。
今回は周年検査の手直し工事として立会いをさせて頂きました。

鳥の置物。

計画時、図面に添えるように鳥の置物のスケッチを描かせて頂いた。
それを覚えていて下さっていたのか、同じ位置にかわいらしい鳥の置物が・・・。

■見つけた時は鳥肌が立ちました
b0129659_8233044.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-08-06 08:35 | 『大府の家』

120522 環境を作る

テキパキと工事が進められていくのを見ていると
その場の空気がどんどんと変わっていくのがよくわかる。

ただ植栽を植えましたというだけではなく
影ができ、風を感じ、水を蓄える。環境を作っているんだなぁと。

後一年もすれば、グランドカバーとなる植栽が地面を覆い雑木の庭として
この地区に対してもいい影響を与えると思う。

クライアントは楽しんで手入れをされるのを確信(笑)しているので
年月を重ねていくのが本当に楽しみです。

b0129659_106475.jpg
b0129659_1063199.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-22 10:20 | 『大府の家』

120519 頼もしい

朝四時半に海南を出発し、八時には現場入り。
トラック二台、職人さん四人と荷台いっぱいの庭木。

あぁ名阪国道をわざわざ走って来てくださったのかと想像すると感慨無量に。
クライアントも松田さんの人柄を信頼してくださり
海南の山でも、大府でも終始楽しい現場になりました。

■作業はテキパキと午後三時には終了
b0129659_143287.jpg
b0129659_1474646.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-19 14:18 | 『大府の家』

120518 違う質の光

同じ白い壁に光があたっているだけなのですがその色味、明るさが微妙に違う。
南側からの光、北側天窓からの光、格子にバウンドしてOPの色がわずかに反射した光
白い室内をただヤミクモに明るくしただけではこの微妙な陰影を作ることはできません。
壁・天井の仕上げの質感、陰の存在があって
この豊かなトーン(諧調http://tsujichika.exblog.jp/16437056/)が生まれています。

■室内の格子や乳白のガラス、仕上げなどはこのトーンを作る為の装置として考える
b0129659_7563737.jpg
b0129659_7573573.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-18 08:12 | 『大府の家』

120517 ごちゃごちゃしないこと

建築、特に住宅を考える時、デザインと称してごちゃごちゃしたことをしない方が良い。
住宅と言ったのは
そこには生活があり、色々な色があり、様々な形がある。
そういったものがワァッと一斉に持ち込まれたとき喧嘩することなく受け止められる
最低限の秩序(マナー)が建築には必要だと思う。

■どこに何を置くか 正方形に区画された本棚に楽しそうなディスプレイ とても素敵です
b0129659_8303539.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-17 08:48 | 『大府の家』

120515 普通とは少し違う景色

久しぶりに訪れた『大府の家』。
そこにはたくさんの仲間が増えていました。

ルイスポールセンのPHランプ。
ダイニングテーブルの上を低く浮遊しこの家のコア(核)をつくっています。
そのまわりには集まるようにかわいらしい椅子が置かれ
何とも言えないやさしい空気が漂っています。

『大府の家』の大きな特徴は、
キッチン・ダイニングスペースが家の中心として計画されていること。
普通、TVの前を家の団らんスペースとして計画することが多いのですが
大府の家の共用スペースにはTVがありません。
計画時からその生活スタイルをお伺いしていたのでこのような提案をさせて頂けたのですが
TVというあたりまえになっていることを無くすことで
普通とは少し違う素敵な景色を見ることができたように思います。

b0129659_8325467.jpg
b0129659_8324071.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-15 09:11 | 『大府の家』

120511 植栽工事

今日から『大府の家http://tsujichika.exblog.jp/i23/』へ。
竣工してから一年が経ち庭の植栽工事をさせて頂くことになりました。

植栽工事はいつもお世話になっております松田造園さん。
和歌山(海南)から愛知(大府)へ工事に行って頂きます(笑)。
先だってクライアントご家族には海南までお越し頂いて松田さんの山を見て頂きました。

下草も含め良い木が揃っているのでどんなに
変化するかとても楽しみです。

■写真はシンボルツリーの足元に植えて頂く下草
b0129659_554533.jpg
b0129659_5541417.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-11 06:06 | 『大府の家』

110808 seikatsu

「大府の家」

生活があってはじめて建物がイキイキとしてきます。
家具が少しずつ揃えられ
庭に植えられたコスモスを見ると
この家の歳の取り方がとても楽しみになります。

b0129659_8262511.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-08-08 08:51 | 『大府の家』

110804 大府へ

「大府の家」

今日から1泊2日で大府の家へ。
残工事の確認の為ですが、
クライアントのご好意により宿泊させて頂けることになりました。

山中湖の家http://tsujichika.exblog.jp/13886464/でもそうでしたが
宿泊させて頂くことで体験として感じることがとても多くあります。

b0129659_8544677.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-08-04 09:02 | 『大府の家』

110426 少しずつ

「大府の家」

これから生活をされながら少しずつ緑が植えられていきます。
建築の竣工をいつに考えるか。
引渡し時にすべてを完成させるのではなく
時間を少し先に据えることで生活のリズムにあったゆっくりとした成熟が期待できます。

朝顔、芝生、クローバー、シンボルツリーと
本当に必要なものをひとつずつ丁寧に選定していただくことで奥行きと思い出が重ねられていきます。
これからの成長がとても楽しみです。

b0129659_9103355.jpg
b0129659_91045100.jpgb0129659_9105234.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-04-26 09:33 | 『大府の家』