カテゴリ:『田辺のカフェ』( 8 )

110302 cafe de cafe

「田辺のカフェ」

cafe de cafe
明日、3月3日(木)オープンです。
場所は、田辺オーシティの駐車場の一角にあり
待ち合わせなどにはちょうど入りやすいお店になっています。
阪和自動車道、南紀田辺IC(高速の終点)下りて10~15分程の距離。

モーニングから、ランチ、夜のお酒までといつ行っても
ご利用頂けるお店になります。
どんな人が利用してくださるのか、どのような反響があるのかとても楽しみです。

b0129659_811514.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-03-02 08:24 | 『田辺のカフェ』

110203 開業準備

「田辺のカフェ」

工事はほぼ完了し
オーナーはじめ新しいスタッフと共に開業準備が着々と進められています。
オープンは2月13日を予定。
モーニングからはじまってランチ、夜はお酒と
いつ行っても楽しんで頂けるお店になるとのことです。

店名・地図等を追って報告させて頂きたいと思います。

■お勧めは夕暮れ時 ゆっくりと時間が流れていきます
b0129659_892941.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-02-03 08:16 | 『田辺のカフェ』

110126 窓際

「田辺のカフェ」

この計画では大きな開口部からの光と景色がとても重要な要素。
お店の一番奥が最も明るく快適な場所となることで
ストレス無く窓際の席に座ることができるようになっています。

■ダイレクトに光と景色が店内に届くよう開口部廻りを白で統一 
■光のハレーションが起きとても気持ちが良い場所になっています
b0129659_8551523.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-01-26 09:06 | 『田辺のカフェ』

110125 現場からお店へ

「田辺のカフェ」

床の養生がめくられ、家具が搬入されると
これまで見ていた現場の景色とはガラッと様相を変えます。
今まで見えていた断片的なアイデアが一体となって一気に目の前に現れる瞬間。
この瞬間にいつもドキドキし、興奮させられ、また新たな不安も感じさせられます。
計画したものとしてこの瞬間にどれだけ興奮できるかが建築の醍醐味なんだと思います。

■BGMや人が入った時の雰囲気が楽しみです
b0129659_851501.jpgb0129659_8444767.jpg
b0129659_8453545.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-01-25 09:17 | 『田辺のカフェ』

100117 カッコウがついてきた

「田辺のカフェ」

大方の塗装工事が終了し少しずつですがカッコウがついてきました。
家具は床材に揃え落ち着いたブラウン色に。
床家具一体となって重心が下がり
養生がめくられると落ち着いた印象に仕上がります。
夜もお酒を出されるということもあって
壁も少しアイボリーにして頂きポップになりすぎないよう調整をしています。

■カウンターの向こうは調理スペース
b0129659_934219.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-01-17 09:12 | 『田辺のカフェ』

110113 西日

「田辺のカフェ」

東西南北、入ってくる光の質は変わります。
開口部は西向き。遠くに海が見え夕日が沈んでいきます。

夕日と言うと聞こえはいいのですが、西日と言うと聞こえは悪い。
今回の場合開口部がそこからしか期待できないのでやむ無しなのですが
西日独特の哀愁漂う雰囲気をどのようにして払拭していくか
こういう所に来る人は少しの非日常感も求めてと思うので
アイデアがないと淋しい印象になりそう。照明がひとつの手掛かりになるかと・・・。

■工事は着々と進んでおります オープンは1月末から2月初旬にかけてを予定
b0129659_8503926.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-01-13 09:35 | 『田辺のカフェ』

110108 コンセプト

「田辺のカフェ」

『コンセプト:①概念②企画・広告などで、全体を貫く統一的な視点や考え∥広辞苑』
簡単にいうと最も大事にしているところ。
コンセプトを第一位にもってきて意匠的な判断、店のイメージ等
コンセプトに対してブレていないか、
支えるものになっているかを考えながら取捨選択を繰り返していきます。
その為コンセプトが弱いと、結局何をしたかったのかというものになってしまいます。

今回は間口が狭く、奥に長い間取り。
幸いにも奥に大きなサッシがあり、
そこからの光、そこからの景色(竹やぶが見えます)をコンセプトに据えました。

具体的には
①サッシを撤去し木製枠のFIX窓とすることでよりコンセプトをより引き出す
②奥行きの構成を感じさせるよう途中段差を設け奥の床を上げる
③手前と奥の一体感を作る為色(テーマカラー)を使う
といった操作を行っています。

■模型写真:奥の光をいかに引き出すか
b0129659_9281227.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-01-08 09:49 | 『田辺のカフェ』

101229 田辺のcafe

和歌山県田辺(たなべ)市でcafeの設計をさせて頂いております。
2週間という短い設計期間でしたが、工事も着工し1月末頃にはオープン予定。
テンナントの店舗は、間口が狭く奥行きがある長方形の小さなもの。
奥行きを活かした構成をとり入りやすいお店になるよう工夫を凝らしております。

b0129659_17461647.jpg


『少しずつ』
少しずつですが物件数が増え、
その仕事を見ていただいて新たな仕事につながっていく。
そんなことを実感させて頂いた一年でした。
関係者の皆様本当にありがとうございました。
それでは今年、これにて終了です。



辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-12-29 18:15 | 『田辺のカフェ』