カテゴリ:『有田の家2』( 31 )

140113 やさしい光につつまれて

『有田の家2』

昨年末引渡しを終えてから
はじめてお伺いさせて頂きました。
正月親戚・知人が集まり鍋を囲んだことや、
新しい生活の様子をお話し頂きました。

ぽつりぽつりと室内に飾り物が置かれ
やさしい光に包まれて
それぞれが居心地良さそうにしているのがとても印象的でした。

b0129659_13181752.jpgb0129659_13182968.jpg
b0129659_13183942.jpgb0129659_13184596.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-01-13 13:30 | 『有田の家2』

131217 つなぐ

イームズのラウンジチェアがあって
和室の仏間があって中ではいったいどのようにつながっているのか・・・。

テクニックとしては色々とあるのですが
今回の計画では格子の建具が大きなポイントになったと思います。
やわらかく、気配をつなぐことによって部屋の輪郭をぼかして
とても良い距離感が生まれています。

■奥の掃き出し窓から差し込む光がとても良い 津村建具さんご苦労さまでした(笑)
b0129659_771789.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-12-17 07:18 | 『有田の家2』

131216 馴染む寸法

5尺8寸の鴨居高さ、
そして芯々960のモデュール。
見慣れたスタイルの
何かひとつ寸法がおかしくなると違和感が生まれる。
それが崩しと言ってしまえば良いのかもしれないのですが
先祖代々そしてこれからも仏壇を守っていくことを考えると
そんな小手先のことは余計なものだと思う。

昨日引越しの様子を見に行った際
仏壇が納められ、線香が焚かれる様子を見ていると
その考えは正しいように思えた。

■障子が壁面いっぱいのフィルターとなってとてもやさしい光が満ちています
b0129659_8264323.jpg
b0129659_8265490.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-12-16 08:42 | 『有田の家2』

131214 共演

美容室和が家さんのような、村上隆や
有田の家1のような、宮崎家具
大府の家山中湖の家のような、森のことば
といったように色々な家具やデザイナーの作品と
共演させていただくことが密かな楽しみとなっています。

設計する物として心がけていることは
建築が主張しすぎないこと、装飾的にならないこと。
個性豊かな様々な物を受け入れようと思うと
建築は控えめでおおらかでないと駄目だと思う。
建物が完成した時は少し物足りないぐらいが丁度良い。

b0129659_13262279.jpg
b0129659_1326733.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-12-14 13:42 | 『有田の家2』

131213  this is ARIDA・・・

『有田の家2』

昨日
役所の完了検査を受け
竣工写真の撮影もさせて頂きました。

外構工事がまだ残っているので塀や足元、植栽がきっちりと
仕上がっていないので少し残念ですが
それはまた改めて撮影させて頂きたいと思います。

さて、今回撮影にお供して頂いたのが
イームズのラウンジチェア。
低く少し上向きになったシートポジション。
座った視線の先を想像させる後姿は溜め息が出ます。

■この椅子の為に作られた開口部のようになりました
b0129659_6382216.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-12-13 06:48 | 『有田の家2』

131209 みかん山と花火

『有田の家2』

北側に開いた大きな掃き出し窓。
有田川に向かう景色の先には
有田みかんの山
そして夏に有田川沿いで行われる
どんどん祭りの花火が見られる。

あたり前の景色を素直に切り取ることが一番伝わると思う。

■敷地境界には塀が立つので道路から覗き込まれる心配もありません
b0129659_852504.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-12-09 08:57 | 『有田の家2』

131207 少し違う

大野中の家3
建つ様子を国道沿いから見て
和風だけど少し違う印象を持って頂いたのが
クライアントとの出会い。

有田という
昔ながらの地域柄、
大工さんが建てた質実剛健なスタイルが一般的で
まだまだ大工さんに直接頼んで家を建てる方が多い。

そんな環境の中で
設計士が入って求められることは
少し違うスタイル。
型は守りながら少し違う。
微妙なサジ加減なのですが
その塩梅が今回の計画のポイントだと言える。

クライアントと話をしていると
仏間があって、土間が必要で
代々守ってきた家をどうにかしたいというニーズは有田にはある。
有田の家2の存在は
そんなニーズに対して
新たな選択肢になり得るのではないかと感じています。

b0129659_1173100.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-12-07 11:32 | 『有田の家2』

131204 馴染む

『有田の家2』

大きな夫婦松を介して
やさしく光が差し込む。
更地に建てた新築ではつくることができない光景が
室内に深い印象を与えてくれています。

工事は建具屋さんが切込みの真っ最中。
来週には完了検査を受けて引き渡しとなります。

■落ち着きのあるすばらしい仕上がりになっています
b0129659_6551767.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-12-04 07:00 | 『有田の家2』

131116 土間

『有田の家2』

玄関土間の敷石が仕上がりました。
錆御影のやわらかい色調がとても良い。

内部は左官屋さんがはいり
仕上げ工事も後一息です。

b0129659_10554764.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-11-16 10:56 | 『有田の家2』

131113 和風と呼ばれること

『有田の家2』

和風の建物ですねと言われることが多い。
軒を深く出し、木製建具を使い、左官の壁にスギの造作材となれば
漂う雰囲気は和風になる。

設計している当人は
和風という固定されたイメージから離れたいと思いながら
いつも図面を描いている。
全く離れるのではなく、少し離れる。
新しく、斬新に見せようと基本(型)を外してしまうことは簡単なのですが
それでは、クライアントや職人、地域の共感を得ることは難しいと思う。

■寸法に細心の注意を払いながら設計した和室 
質素ですが張り詰める緊張感が気持ち良い
b0129659_973420.jpg
b0129659_974489.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2013-11-13 09:20 | 『有田の家2』