カテゴリ:『F+』( 18 )

141023 竣工写真

『F+』

本日朝から竣工写真の撮影を行いました。
一般的な建築写真は広角レンズを用いて空間すべてをパンフォーカスに写す。
時に誇張された広角写真は非現実的な写真となりどうも好きになれない。
人の記憶はとても断片的で焦点が合ったところ以外の記憶はおぼろげで曖昧・・・。

今回は50mmの単焦点レンズも使い、断片的に風景を切り取ってみました。
こちらの方が雰囲気が良く伝わると思います。

b0129659_1055330.jpgb0129659_1061625.jpg
b0129659_10142613.jpgb0129659_10143924.jpg
b0129659_107965.jpgb0129659_107396.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-23 10:16 | 『F+』

141022 空気の流れ

『F+』

閉所が苦手なので空気の流れ(http://tsujichika.exblog.jp/23087846/)には敏感な方。
2階にリビング・ダイニングを配置する場合
階段から階下に空気が流れてしまうのでそれを防ぐ必要がある。
冷房だと空気が重いので下に流れ、暖房だと空気が軽いので上に上がる。
そう考えると、冷気に対する対応が必要になるわけで腰壁に対冷房用の建具を仕込んでいます。

■ちょっとしたことですが効果はあります
■納め方に工夫がありますので一度考えてみてください
b0129659_15431092.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-22 15:56 | 『F+』

141021 堀り深い

『F+』

漆喰(ふのりから作る昔からの製法のもの)を使いたいという思いがあった。
漆喰の使い方としては、外壁に塗るという一般的なものに加え窓枠の装飾という使い方がある。
倉敷の美観地区(http://tsujichika.exblog.jp/20307762/)を旅行した時
窓廻りの堀り深さがとても印象に残った。
過度な装飾としてではなくシンプルに堀りを加えることでモダンな窓枠を作ることができる。
今回、チャレンジさせて頂きましたが成功したように思います。

■とてもかっこいい外観になりました
b0129659_6481252.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-21 07:01 | 『F+』

141020 障子の光

『F+』

障子を入れる理由は2つ。
機密性が高く断熱性に優れること。
もうひとつは障子紙に拡散されたやわらかい光を室内に取り込む為。
室内に漂う静かさは障子だけがもつ独特な感覚。

■もうすぐ完成です
b0129659_1444827.jpg


辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-20 14:11 | 『F+』

141009 バルコニー

『F+』

既存部から接続する渡り廊下の上に載せたバルコニー。
奥行きが長く結構広い。
2階に台所を設置する場合は
ゴミを一時的に置いておく場所が必要になるのでこういったサービスバルコニーは必ず必要。
今回のように、広さが確保できれば
皆既月食を見る時にもとても良い場所になると思います。

■少し風が入るように腰板は隙間を開けています かっこいいです
b0129659_61087.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-09 06:04 | 『F+』

141008 天井

『F+』

階段をのぼるとき、畳の上に横になるときふと見上げる天井。
やわらかな表情をもつ杉で仕上げてみました。

■垂木・小梁の陰影が心地良い
b0129659_8285184.jpg
b0129659_829767.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-08 08:32 | 『F+』

141002 角に敏感になる

『F+』

図面を描いていると角に敏感になる。
窓枠であれば物をあてると欠けないようにしっかりと枠を設けたり
上がり框であれば素足で踏んでも痛くないように面をとる。

窓辺に設けたベンチに落下防止用の柵と腰掛を兼用する背板を設けた。
角が痛くないように半丸の加工を行いやわらかい手触りになるようにしている。

■ここが痛そうな処理だと居心地が悪くなる
b0129659_9105245.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-02 09:18 | 『F+』

141001 窓辺をつくる

『F+』
完成まで残りわずかとなりました。
南側に配した大きな窓辺に腰掛のベンチを作っています。
読書をしたりとこれからの時期とても気持ちが良い空間になると思います。

b0129659_11411545.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-10-01 11:44 | 『F+』

140823 面積の制約

『F+』

増築の場合、合併浄化槽をどうするかということが問題になります。
増築後の延べ床面積によって算出される人槽が
既に埋設している浄化槽の人槽を超えてくると新たに浄化槽を入れ替える必要があります。
余程の理由が無い限り、とても大掛かりな工事となるため入れ替えは避けたい。
今回の計画ではぎりぎりの床面積までとすることで既存の合併浄化槽を使うことを可能にしました。

さて、面積の制約をネガティブな条件としてではなく積極的に捉えたのが今回の外観。
2階に対して1階が半間セットバック(2階が1階よりも大きい)させ延べ面積の調整を図っています。
結果的には、軽快感がありとても良い外観になりました。

b0129659_9275197.jpg
サービス付き高齢者向け住宅和が家様完成内覧会のお知らせ
9/8(月)9(火)9:30~16:00に和が家さん主催の完成見学会を予定しております。
この投稿をご覧になられている方につきましては
当方にご連絡頂きまして案内させて頂く予定にしております。
ご興味のある方は下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-23 09:47 | 『F+』

140822 足場がとれました

『F+』

工事は順調に進んでいます。
足場を撤去し
心配していました既存の建物とのバランスもとても良い具合なので安心しました。
前を通る人は、気付かない人がいるのではないかと感じるほど街中に溶け込んでいます。
とても良い外観になりました。

■新たに生まれた中庭からリビングを見上げる→桜の木が大きいので窓から触ることができます
b0129659_16113797.jpg
サービス付き高齢者向け住宅和が家様完成内覧会のお知らせ
9/8(月)9(火)9:30~16:00に和が家さん主催の完成見学会を予定しております。
この投稿をご覧になられている方につきましては
当方にご連絡頂きまして案内させて頂く予定にしております。
ご興味のある方は下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-08-22 16:20 | 『F+』