カテゴリ:兵庫の風景( 2 )

150117 見えないところまで

----------------------------------------------------------------------
「毛見の家」あまり体感することができない薪ストーブ。
今回お施主さんのご好意で体感して頂くことが可能になりました。
日時は事前にご連絡頂ければ
1月中は対応可能ですのでどしどしご応募頂ければと思います。
建物もすばらしい出来なので是非お越しください!

→内覧ご希望の方はリンクより辻宛にメールを頂ければ対応させて頂きます
http://www.tsuji-chika.com/profile/profile00.html
-----------------------------------------------------------------------
竹中大工道具館。展示品はどれも興味深いのですが
一番感動したのは墨付けの文字の美しさ。
教科書のようなきれいな字で漢数字が記され滲みやズレが一切ない。

ジョブスが見えないところまで美しくとこだわったのは有名な話しですが
そんなことを言われなくても宮大工の世界ではあたり前のことだったのかもしれません。

■この文字が記されていると絶対に悪い仕事はできない
b0129659_911379.jpg
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2015-01-17 08:59 | 兵庫の風景

150116 竹中大工道具館

----------------------------------------------------------------------
「毛見の家」あまり体感することができない薪ストーブ。
今回お施主さんのご好意で体感して頂くことが可能になりました。
日時は事前にご連絡頂ければ
1月中は対応可能ですのでどしどしご応募頂ければと思います。
建物もすばらしい出来なので是非お越しください!

→内覧ご希望の方はリンクより辻宛にメールを頂ければ対応させて頂きます
http://www.tsuji-chika.com/profile/profile00.html
-----------------------------------------------------------------------
神戸市のJR新神戸駅の目と鼻の先にある竹中大工道具館。
竹中工務店が開設した企業博物館。
文字通り大工さんの道具が展示されていて予約すれば木工教室などにも参加できる。

竹中工務店が本気で作った建物なので良いのはあたり前。
特に良かったのは、室内の空気環境。
1階~3階まで空間はつながっているのでエントランスにあたる3階部分は
熱がたまりムッと暑くなるはず。
帰って資料を眺めていると放射空調(輻射パネル式)とあり
ほどよい湿度と均等に温かい室内環境はそれだけでもすごいと感じる。
久住章氏が手掛けた左官壁や、装飾に使われている無垢材もその一翼を担っていると
思うのですが、自然素材を大胆に使う為に
室内環境をコントロールするのには相当なエネルギーが注がれているのがわかる。

エントランスホールの構成としてはとらや京都店/内藤廣設計(http://tsujichika.exblog.jp/18056983/)に似たところがあり、
無柱空間を作る構造のアプローチがそれぞれに違って大変興味深い。
個人的には、「爽やかな大工道具館」に対して「色気のとらや」といった感想。
とらやのように窓周りに建具のフィルターをかけてみるとガラっと印象が変わると思う。

床材はオークの浮作り仕上げ。
オーク材に関しては、それを使えば格好良くなるのは当たり前で
できれば国産のヒノキを使って勝負して欲しかった。

他諸所色々と興味深い発見があったので
あらためて勉強してからゆっくりと見学に行きたいと思います。

b0129659_855244.jpgb0129659_822202.jpg
b0129659_8221073.jpgb0129659_822280.jpg
b0129659_8214661.jpgb0129659_8213895.jpg
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2015-01-16 08:57 | 兵庫の風景