カテゴリ:『黒江の家』( 23 )

171013 窓の気配を消しながら

『黒江の家』

窓は一歩控えた場所に設け
外の喧騒が直接部屋に飛び込まないように配置。

光だけがサッと入り
壁が主体となり光を受けて部屋全体が明るくなる。
とても静かな雰囲気。

b0129659_16265147.jpgb0129659_1627710.jpg
b0129659_16272315.jpgb0129659_16273218.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2017-10-13 16:35 | 『黒江の家』

171012 肌理

『黒江の家』

木をどう扱うかで印象が変わる。
朝日を浴びてとてもきれい。

b0129659_09530684.jpg
b0129659_09535596.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2017-10-12 09:57 | 『黒江の家』

170926 端正(tansei)

『黒江の家』

正方形の間取り、総2階立て、効率の良い建て方だが一方で個性を出しにくい。

奇をてらうのは個性だと思わないのでどこが勘所かを考える。

いつも大事にしているのは『寸法』。

バルコニーの大きさ、腰壁の板巾、二つ並ぶベンドキャップの距離。
少し緊張感がある方が、間延びしなくて良い。

『寸法』の積み重ねは端正な印象につながる。

b0129659_8422956.jpg
b0129659_8421188.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-09-26 09:10 | 『黒江の家』

170920 積む

『黒江の家』

階段の踊り場に1畳ちょっとの書斎を設けた。

2階にLDを設ける場合、客人が階段を上がることになる。
ダラダラと1階から2階まで上がるより、間に仕掛けがあると楽しい。

旦那様が帰宅され、書斎に荷物を置かれて2階に上がる。
日々の流れとしてもスムーズ。

毛見の家では便所を設けた
b0129659_13355178.jpgb0129659_1336365.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-09-20 13:42 | 『黒江の家』

170919 北向きの窓

『黒江の家』

北の山に向かって大きな窓。
北向きの窓から入る光は、順光で一日を通して変化が少ないのが特徴。

穏やかで、静か。

■手元が明るく気持ちが良いキッチンになりそうです。
b0129659_9351470.jpgb0129659_9352622.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-09-19 09:57 | 『黒江の家』

170918 silent

『黒江の家』

台風18号接近に伴い、足場の幕がたたまれ、建物が少し姿を見せた。
静かな佇まいに思わず笑みがこぼれた。

b0129659_15243277.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-09-18 15:28 | 『黒江の家』

170826 動きの中で

『黒江の家』

起床して部屋のドアを開ける時
階段をのぼって呼吸を整える時
キッチンで料理する人を見る時

動きの中で、はっと気付き、ドキッとして、光の機微を感じる。

静止画で建築は理解できない。

そこがおもしろい。

■spatial quality
b0129659_16384168.jpgb0129659_163855100.jpg
b0129659_1639119.jpgb0129659_16391892.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-08-26 17:26 | 『黒江の家』

170825 日本の景色をつくるもの

『黒江の家』

キッチンスペースにつく大きな窓。
北側に取り付けられ、黒江の山が見えてとても開放感がある。
サッシの方立(ほだて)が単調に並び愛想がないので一工夫。

日本の景色とは、アルミサッシに切り取られた景色と言っても過言ではない。
見える景色が、既製品のアルミサッシに切り取られている以上
北海道でも、沖縄でもどんな景色でも日本的な見え方になる。
もっと言うと、海外で日本のアルミサッシを使ったとしてもどこか日本的な見え方になる。
だから、アルミサッシを使う場合はすごく慎重になる。

写真は方立ての内側に添える木枠。
材木屋さんに眠っていた、ホワイトアッシュ。
床で組んでから取り付ける。

■存在感がすばらしい、無垢のホワイトアッシュ。見える景色が変わります。
b0129659_10135733.jpg
b0129659_10163383.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-08-25 10:32 | 『黒江の家』

170824 諧調=Gradation

『黒江の家』

ある言葉を学ぶことで、新たな視点(感覚)を持つことができる。
写真技術の用語として、諧調という言葉がある。
「諧調が豊か」、「諧調の幅が広い」、「諧調を整える」といったように使う。

一部に杉板の外壁がある。
杉板は、赤白交じるのが特徴。
そのままでも十分きれいなのだがどちらかというと力強い表現になる。
写真技術の用語で表現すると「コントラストが強い」となる。

今回は白い左官の外壁と「諧調を整える」為、薄塗りの白い塗装を施す。
左官の白、木の白と、同じ白の中に幅をもたせることで上品さが漂うようにしたい。

この感覚は写真表現と同じだと思う。

■写真はサンプル。微妙な調整が難しい
b0129659_11082381.jpg














辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-08-24 11:30 | 『黒江の家』

170816 ヨーロッパの光

『黒江の家』

高い天井、大きな腰窓から光が入る。
日本建築にはない窓の配置。表層の仕上げを変えるだけでは本質は何も変わらない。
光の入り方だけで雰囲気を操作する。

b0129659_16525876.jpg














辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

by tsuji-chika | 2017-08-16 17:07 | 『黒江の家』