カテゴリ:『山中湖の家』( 72 )

111107 大事にされている

訪れる度に感じるのはこの家がとても大事にされているということ。

頂いたお手紙には
四季を通じて楽しんでおりますと綴られていました。

きっちりと使われている雰囲気がとても心地良く
手がかかることもたくさんあるかと思いますがゆっくりと歳を重ねているのを実感させて頂けます。

短い滞在になり時間を割いて頂きましたクライアントには
大変申し訳ありませんでしたがとても充実した時間を過ごさせて頂きました。

この家でまだまだ見たい景色がたくさんあるので
次回はゆっくりと宿泊を兼ねておじゃまさせていただきたいと(勝手に・・・)思っています。

本当にありがとうございました。

b0129659_8355965.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-11-07 08:58 | 『山中湖の家』

111105 光と影

標高1,000m近くの山中湖の光は強い。
それを知ることなく窓を大きくとってサンサンと太陽が差し込むように設計してしまうと
落ち着きのない居心地の悪い家になってしまう。

設計中、工務店さんの案内のもと他の別荘を見せて頂いて
クライアントと共にそのことを体験できたのは大きな収穫でした。

できあがったyamanacasaには
カメラのレンズを絞ったようなメリハリのある光と影が差し込み
居心地の良い場所が生まれています。

■内装はスギ:まだまだ若いですが少しずつ日焼けして色が濃くなっていきます
b0129659_9132334.jpgb0129659_9132973.jpg
b0129659_9133839.jpgb0129659_9134477.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-11-05 09:18 | 『山中湖の家』

111104 居場所

整理整頓するコツは
物に住所をつけることで居場所を用意してあげることだと
誰かが言っていました。

階段下におかれた薪。
階段の勾配に合わせ薪も一緒に斜めに積まれているのがとても納まり良い。
玄関のアクセントにもなって薪にとっては素敵な居場所になっています。

■外壁:空気がきれいなので(排気ガスのススで汚れることなく)均等に色が変化しています
b0129659_952761.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-11-04 09:11 | 『山中湖の家』

111103 時を重ねる

真鍮製のドアノブと蝶番がとても良い具合に黒ずんできました。
少し遅れて木も変色しはじめています。

■小窓は台所へ風を送ります
b0129659_8381687.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-11-03 08:41 | 『山中湖の家』

111102 枝分かれ

玄関へのアプローチを枝分かれさせています。
主道があり一呼吸おいて脇道にそれる。

プライベートの度合いが深くなる仕掛け。

b0129659_8515879.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-11-02 08:56 | 『山中湖の家』

111101 環境

冬に向け山中湖の季節は1ヶ月早く進みます。
寒さを心配していましたが、
秋晴れ快晴となり日中とても暖かい時間を過ごせました。

標高1,000m前後の山中湖に訪れるたびに感じるのは環境の違い。
空気がきれい、日差しが強い、うれしいのは蚊や虫が少ないこと。

yamanacasaのテラスは
とても広く部屋の延長として考えられています。
http://tsujichika.exblog.jp/13842191/

ここでありがたいのは蚊が少ないということで
木製建具を開け放って室内とテラスをシームレスに行き来するのは
ここでしか体験できないことだと思います。
テラスで美味しい食事も頂き本当に気持ちいい体験をさせて頂きました。

b0129659_8162055.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-11-01 08:36 | 『山中湖の家』

111028 1年ぶり

週末yamanacasaにおじゃますることになっています。
http://tsujichika.exblog.jp/i6/

今計画中のクライアントに
yamanacasaの雰囲気をとても気にいって頂いているということもあり
それでは実際に見ましょうということになって
山中湖行きを計画させて頂きました。

yamanacasaのクライアントにも
お忙しい中ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが
久しぶりにお会いできるのを楽しみにしています。

■この食卓でまた食事をいただけるのがとても楽しみ
b0129659_819232.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-10-28 08:27 | 『山中湖の家』

100831 yamanacasa

別荘として計画されたyamanacasa
竣工後、客としてこの家に滞在し1泊2日ではありましたが
設計者の想像を越えた「気持ち良さ・居心地のよさ」を体験させて頂きました。
朝食後、食事コーナーのベンチで横になりウトウトしながら
「気持ち良いとはこういうことか・・・」と今更ながらに感じさせて頂きました。

家は竣工後持ち主の手に渡ってから持ち主と一緒に成長し歳を重ねていきます。
そこに注がれる愛情・想いに比例するように味わいが生まれてくるものです。
今回、ニコニコして出迎えて下さったご両親、
そして和歌山まで脚を運び声を掛けてくれた大学時代の友人から頂く言葉
そこからはこの家への愛情がひしひしと伝わってきました。
この計画に参加させていただいた者として今後この家がどのように成長していくか
それを見ていくのが楽しみでなりません。
また多くの方にこの家を体験して頂いて
「本当の気持ち良さ」を感じとって頂きたいと願っています。

b0129659_8354845.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-08-31 09:55 | 『山中湖の家』

100830 ふたつの部屋

4畳半の部屋が1階2階と同じ位置に並び、富士山の方向を向いています。
1階は落ち着いた雰囲気に・2階は明るく開放的な雰囲気にと
それぞれが個性のある表情になりました。

4畳半という言葉の響きが神田川を想像させあまり良い印象を持たないのですが(笑)
一人用の部屋としては十分な広さ。

■各個室の壁は雰囲気を変え白い壁にしています
b0129659_9132460.jpgb0129659_9134612.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-08-30 09:28 | 『山中湖の家』

100820 山中湖の車窓から

東南角に配置された食事コーナー。
大きなダイニングテーブルを囲みベンチと椅子が置かれています。

朝日が入る東、昼時の南から光が入るように窓が配置され、
そこから見える景色はローカル線の車窓から外の景色をのんびりと眺めているよう。
ベンチが置かれ、窓の高さ大きさ、天井高さがそう感じさせてくれるのでしょう。

■ここでの朝食はとても贅沢な気分にさせてくれます
b0129659_8215747.jpg
b0129659_8222541.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-08-27 08:33 | 『山中湖の家』