カテゴリ:農業を体験する( 2 )

080916 収穫

田植えをしてから稲がすくすくと生長し、連休を利用して稲刈りが行われました。
(邪魔にならない程度にお手伝いをさせて頂きました。)

刈りとる作業の大半は機械がやってしまいます。
機械を運転する人以外は、
機械で刈れない田んぼの縁を鎌で刈ったり、
機械が刈り残した稲を機械に通したり、
米袋を運んだりといった作業をすることになります。

とても印象的だったのが、機械が刈り残した稲を皆が丁寧に拾い集める様子でした。
「お茶碗一杯分くらいの米はあるよ」と言いながら、丁寧に米は収穫されていきました。

食べ物についていろいろと騒がしい時代ですが、
大切な何かがここにあると思いました。

■周りからぐるぐると中に向かって刈りとっていきます。
b0129659_8452489.jpg


■田んぼ一枚からとれたお米。
b0129659_8453413.jpg
by tsuji-chika | 2008-09-16 09:05 | 農業を体験する

080605 田植えをして思う

貯水池に水がはられ、
用水路に水が流されるようになると
あちらこちらの田んぼで順順に田植えが始ります。

昨日、田植えを手伝う機会(写真を撮るだけでしたが・・・)に恵まれ足を運んできました。

食料自給率ということが言われはじめ、
国策として農業について考えようという機運が高まっていますが、
今回もっと身近なところから、
日本における農業について考える、体験する機会を頂けたように思います。

「田んぼ一枚からいったい何キロの米が収穫できるのだろう?」
そんなことさえ、僕は田んぼ(農業)のことについて何も知りません。

今後、梅雨が過ぎ、夏、秋と何度かにわけて、
昨日植えた苗の成長と共に日本の農業について考えていきたいと思っています。

b0129659_930422.jpg
by tsuji-chika | 2008-06-05 09:36 | 農業を体験する