<   2008年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

080704 玄関まわり

玄関まわりは、その家の顔となる大事な場所です。

「大野中の家」では、
外壁より半間凹まして、ポーチとしています。
少し奥行きを持たせることで、玄関まわりに陰影を持たせゆとりを生み出しています。

外壁に張る杉板も、
玄関附近のものは節の少ないものが選ばれています。
(黙っていても棟梁が選んでくれています)

あらためて考えると、
玄関廻りは最も外壁との距離が近くなる場所であると共に、
家によっては、そこでしか外壁との接点を持たない唯一の場所になってしまうのだなと・・・。

そういう意味でも、他より神経を使う、繊細な感覚が求められる場所であることがわかります。

b0129659_9281870.jpg
by tsuji-chika | 2008-07-04 09:24 | 『大野中の家』

080702 杉板の色

「大野中の家」の外壁の杉板は、目板張りとしています。
[目板張り:板張りの目地に押縁(角材)を打ちつけた仕上げ]

現在、押縁以外の平板部分が仕上がってきました。
丁度、木が日焼けしてきた時の、飴色に近い風合いが出ています。
なかなか良いです。

下端が揃っていないのは、最終切り揃えます。

b0129659_9181781.jpg
by tsuji-chika | 2008-07-02 09:22 | 『大野中の家』

080701 暑中お見舞い申し上げます

木製建具が搬入され、ガラスが設置されると、
いよいよ家らしくなってきます。

大工さんが手分けして、
内装、外回りと同時並行に作業を進めています。

外回りについては、
左官屋さんが入り塗り部分の下地を作っています。

工程が進んでくると、
大工さんだけであった現場に色々な職種の職人さんが出入するようになり
現場に活気がでてきます。

b0129659_9133142.jpg
by tsuji-chika | 2008-07-01 09:13 | 『大野中の家』