<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

101130 英彦山の風景 【近川です/風景編08】

田川市から車で1時間
福岡県は添田町の英彦山に
ハイキングに行ってきました

■もみじ

b0129659_1401563.jpg

英彦山は、日本の三大修験山に数えられ
山頂へは、写真の様な急勾配の階段が延々と続きます
訪れた日は、紅葉の時期で、天気も快晴だったので
多くの人出で賑やかでした

■英彦山の風景

b0129659_141271.jpgb0129659_1413891.jpg


b0129659_1415814.jpgb0129659_142554.jpg

今回は軽装備だったので、途中までのハイキングでしたが
次回は準備を整え、山頂まで登ってみたいと思います


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-30 14:04 | 『近川です』

101129 田川市の風景 【近川です/風景編07】

海南駅から特急と新幹線で4時間半
福岡県は田川市に行ってきました

■香春岳
香春岳は、右から一ノ岳、二ノ岳、三ノ岳からなる3連山です
写真中央右側の山(一ノ岳)が、水平にズバッと切り取られています

b0129659_16143818.jpg

香春岳は、山全体が石灰岩で出来ており、昭和初期から採掘され続けた結果
元は一番高かった一ノ岳が、今では写真のように一番低くなっています

■田川市の風景

b0129659_16232599.jpgb0129659_16233587.jpg


b0129659_16234471.jpgb0129659_16235363.jpg


香春岳の石灰採掘は、現在でもおこなわれており
10年、20年後にはどんな姿をしているのか、とても楽しみです


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-29 16:24 | 『近川です』

101120 その都度

「七山の家」基礎コンクリート打ち。
コンクリートの投稿が重なっています。

「いつものように」ではなくその都度きっちりと確認をすること。
何か間違いを見つける為ではなく、何も問題の無いことの確認がとても重要。

b0129659_10223251.jpgb0129659_10341671.jpg
b0129659_10225180.jpgb0129659_102338.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-27 10:30 | 『七山の家』

101126 一体として考える

「湊の家」
とってつけたような車庫やカーポートを作るのであれば
母屋との関係を大事にしながら一体として考えた方が良いに決まっています。

母屋の屋根形状「寄棟(よせむね)」に対して片流れとすることで
主従の関係をはっきりとさせ屋根・外壁を同じ材料で仕上げることにより
形態の違いがストレートに表現されるようになっています。

b0129659_8464471.jpg
b0129659_8472035.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-26 08:57 | 『湊の家』

101125 表層改良

「七山の家」地盤改良工事。

もともと田んぼであった為
表層75cmまでの地盤耐力が足らないということで地盤改良を行うことに。
採用する工法については、地盤の状況、金額により判断していきます。
(柱状改良⇒http://tsujichika.exblog.jp/12321277)

今回採用したのは表層改良工事。
工程は
①地盤面表層を掘り起こす
②転圧を行う
③セメントを混ぜながら土を戻す
④転圧を行う
となります。
つまり表層の土にセメントを混ぜ再度転圧することにより
耐力の無い表層の土を固くする工法ということです。

※転圧する際、ローラーの音が大きいので街中の施工には注意が必要かと

■左:1tのローラーで固めていきます
■右:土に混ぜるセメントの袋 
b0129659_10441473.jpgb0129659_10443162.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-25 10:56 | 『七山の家』

101120 便利な時代

建物の基礎コンクリート打ち。
遠方の場合
前日入りして配筋検査を行い
一泊して翌日コンクリートの打設に立会うようにしております。

配筋検査の結果翌日のコンクリート打設が中止になる可能性もございますが
そうなると誰も得はしないので工務店さんも気を引き締めて鉄筋を組んでおり
今のところ中止になったことはございません。

便利な時代
あらかじめ写真等で確認できることが多くなったのも遠方地の監理を可能にしています。

b0129659_9464942.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-23 09:52 | 『大府の家』

101120 恥をかかないように

「大府の家」。週末はコンクリート打設の立会いで大府の現場へ。

現場では「そんな恥をかく仕事はしたくない」という言葉を耳にすることがあります。
(色々な事情があるにせよ)自分が施した仕事がその場に残り、
竣工後も人目にさらされるわけだからプライドを持っている方であれば
恥をかかないように仕事をする。

写真は型枠が外された擁壁。
角に欠けが無く、面にはほとんど気泡の後が残っていない。
注目すべきは天端(てんば)の平滑さ。
聞いてみると夜10時頃まで左官屋さんが均(なら)していたとのこと。

■緊張感が漂う立派な擁壁になっています
b0129659_9315920.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-22 09:49 | 『大府の家』

101112 『七山の家』

総二階建ての切妻瓦屋根。
外壁は左官塗りと落ち着きのある佇まいを求めました。
妻面は蔵のような静かな立面、南面は下屋を出して懐深い表情が作られています。

2階に居間や台所・子供室を配置することで
構造に開放された大きな容積の空間が作られています。
南北に吹く風が居間を通り北の母屋まで通り抜ける計画戸袋を左官壁とすることなど木の表情が抑えられながら
瓦屋根がコテコテにならないようにシャープな印象の建物になればと思っています。

b0129659_944449.jpgb0129659_9431618.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-18 09:59 | 『七山の家』

101117 成長する

少しずつですが家が成長しています。

■左:低い軒が囲われた雰囲気を作っています 黒い外壁になり手前には緑が植えられます
■右:植えられるのを待っている木 鉢はメダカ用こちらの引越しはまだみたいです
b0129659_925158.jpgb0129659_9252081.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-17 09:31 | 『湊の家』

101116 高野口町の風景 【近川です/風景編06】

海南から車で1時間半
所用があって高野口町に行ってきました

■葛城館

b0129659_15131863.jpg

写真は1900年に建築された元旅館の建物
100年以上も前に建てられた建築物とは思えない浮遊感です
現代建築でもここまでの表現はなかなか出来ません

質感のある手すきガラス (建築当時のガラスのままとのことです) と
木造3階建ての迫力が混ざり合って、その前に立つと
まるでアニメの世界を見ているような感覚にさえなります


■高野口町の風景

b0129659_15135992.jpgb0129659_15141187.jpg


b0129659_1514276.jpgb0129659_15143515.jpg


葛城館は、JR和歌山線高野口駅前すぐです
橋本市方面へお出かけの際は、一見の価値がありますので
ぜひ立ち寄ってみて下さい


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-16 15:25 | 『近川です』