<   2014年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

140429 アオダモの木

『美容室和が家』

新緑の時期
美容室の前に植えたアオダモにも緑の葉がつきました。
バットにも使われる木として知られ、しなやかで粘りのある落葉樹。
枝振りが細く、緑がとてもきれいなのが大きな特徴。
これから夏にかけて、やさしい木陰をつくります。
もっと大きくなって、和が家さんのシンボルツリーに成長してくれればと思います。

■赤い箱はポスト 建物に合わせて作って頂きました
b0129659_14121333.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-29 14:17 | 『W』

140428 上棟

 『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

4/26(土)上棟しました。
天候にも恵まれてとても晴れやかな空気が漂う一日。

設計する者としては
イメージしていた建物がどのようなスケールで
建ち上がるか楽しみと不安が入り混じる日。

実際に建った様子を見ると
背後の山の稜線と屋根の形が一体となってとても馴染み良い。
平屋ということもあり、周りに対する威圧感が無く
こういう施設に必要な親しみ安さが漂う雰囲気になっていると思います。

これから雨の多い季節に向け
屋根、外壁の工事を急ピッチで進めて参ります。

■格好の良い建物です
b0129659_10265941.jpgb0129659_10273479.jpg
b0129659_10264829.jpgb0129659_10274219.jpg

b0129659_10315240.jpgb0129659_10355369.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-28 10:48 | 『WS』

140424 周年検査

『有田の家1』

引渡し後1年が経ち久しぶりにお伺いさせて頂きました。
木が良い具合に飴色に変化し
置かれた家具等は定位置に置かれ
とても静かな時間が流れています。

飾り気が無く、プランも真四角でとてもシンプルな建ち方なのですが
この家の本当の魅力は
木製建具によって切り取られる周辺の景色だと言えます。
特に食卓からの景色は秀逸で、笑えるぐらい気持ちが良いです。
余計なことはせず、丁寧に風景を切り取ること。
適切な影を作り、余分な情報を整理すること。
俗っぽさが無いから、外の景色に集中することができる。
山中湖の家のダイニングテーブル
有田の家1のダイニングテーブル
は自然環境があって得られる空気感。
こういうのが本当の贅沢なんだと思う。

■遠くの緑、近くの緑、窓の向こうには必ず緑が見えます
b0129659_814171.jpgb0129659_814951.jpg
b0129659_82266.jpgb0129659_821181.jpg
b0129659_822292.jpgb0129659_82329.jpg
b0129659_89578.jpgb0129659_892032.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-25 08:33 | 『有田の家1』

140424 土台据え

 『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

現場は順調に進んでおり現在は上棟前の土台据え。
基礎の立ち上がりがないので1工程省くことができ体感的にも進捗が早い。

毎日張り付いて頂いている監督さんの人柄もあって
現場も良い雰囲気で皆が楽しそう。
良い雰囲気の現場は良い建物につながる。
もうすぐ上棟ワクワクします。

■土台に物件名が印字されています
b0129659_8123276.jpg
b0129659_8125194.jpg
b0129659_812599.jpg
■設置面は先に防蟻材を塗布
b0129659_813647.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-24 08:20 | 『WS』

140421 1日1枚!

月1本をノルマにフィルムで撮影を行っています。
36枚撮りだとだいたい1日に1枚の撮影。

1日1枚となると簡単そうに思いますが
普段はデジタルも撮るので
思うように枚数がのびません。
こんなにのんびり撮影していると
現像から返ってきた時は旬のタイミングを逃しているようにも思う。
ブログで投稿するような場合には
時間のヅレがあまり関係ないような被写体でないと
チグハグした内容になってしまう。

写真の出来栄えについては大満足。
デジタルに比べ時間の感じ方が違うように思います。

b0129659_841591.jpgb0129659_842172.jpg
b0129659_8424232.jpgb0129659_9212725.jpg
b0129659_9213744.jpgb0129659_9283644.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-21 09:33 | 『その他』

140418 赤身材を求めて

 『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

朝から龍神村森林組合さんの製材所へ行ってきました。
海南からは車で1.5h、目的は外壁に使うスギ板の確認。

和が家さんの敷地は空気がとてもきれいなところ。
山中湖の環境にも似たところがあり
その経験(山中湖の家)から
外壁にスギの赤身材(紀州材)を使うことにした。
空気が澄んだところなので無塗装とし
経年でグレー色に変化する落ち着きのある佇まいを目指しています。

スギ板(紀州材)を使う理由として
風景に馴染む見た目と共に
建物に社会性を持たせることを意図しています。
今回のような施設の場合
高齢化社会に対する回答として
海南の一福祉事業者がどのような形を示せるかというのがとても大事。
他の施設にない特徴をもつことで話題にも評判にもなり
新たな選択肢を示すことが
新たな事業をする意味につながっていくと考えています。

今回のような施設においては、一般的では無い材料ですが
その社会性に賭けて頂きましたオーナーの英断もすばらしかったと言えます。

■工場に使われたスギ板 落ち着いた佇まいがかっこいいです
b0129659_1452336.jpg
■乾燥の釜に入る様子 1週間かけてゆっくりと乾かす
b0129659_14514414.jpg
■たくさんの紀州材が集まってくる
b0129659_14521839.jpg
■今回使うスギ板 きれいな赤身材うれしくなりました
b0129659_14523099.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-18 15:32 | 『WS』

140416 ロゴマーク

子供靴の箱。
何処から見ても隙の無いデザインが気にいって
捨てることができずに置いている。

学生の頃
毎月のように出展していたコンペのレイアウトを考える時
文字の大きさや並び、色、フォントを絵のように扱うことで
同じ情報でも見え方、印象が変わることを学んだ。
文字としては同じ内容を示しているのに
太くすれば力強く、細くすれば繊細に見える。
そのことを友人から教えてもらった時
新しい物の見方、視点を得たようで
大きな衝撃を受けたのを鮮明に覚えている。

それ以来、箱のデザイン、車のインパネのレイアウトなど
上手なものを見ればうれしくなるし
下手なものを見れば何が悪いのか考える癖がついた。

■箱として立体的に見られることを意識したレイアウト 完璧だと思います
b0129659_820162.jpg
b0129659_8204039.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-16 08:25 | 『その他』

140415 EIZO FlexScan 24.1inch

PCの液晶モニター。
学生時代から使っていたので共に過ごした時間は12年程。
最近になり、液晶にスジが入るようになったので買い替えをしました。
設計士にしては目が良く、今も裸眼で過ごせているのは
EIZOのモニターがあったからだと大袈裟ではなく本当にそう思っている。

買い替え候補ももちろんEIZOの中から選ぶことに。
今回は1,920x1,200の解像度を持ち
縦横比が16:10(最近は16:9が多い)という縦にも余裕があるモニター。
ギラツキや反射が気にならないIPS方式は絶対で
おまけに、ブルーライトをカットするPaperモードを搭載している。
つくづく目に良いように考えられた液晶で
高さ調整や傾きが繊細に調整できるところなども本当にすばらしいと思います。

17inch→24inchに画面が大きくなったので
戸惑いますがとても見やすく良いモニターです。

■写真は新しいモニター A3用紙よりも大きい
■10年は使いたいと思います
b0129659_13172416.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-15 13:28 | 道具

140414 すぎの表情

『毛見の家』

2階の天井は登り梁が連続する表し仕上げ。
1階から階段室を介して見上げるとすぎのやわらかい表情が見える。

この白くほわっと浮いたようなやさしい表情がすぎの魅力。
クリアで塗装してしまうと
濡れ色になってしまい木目が浮き出て存在感が強くなってしまう。
天井などは何も塗らずにそのままの方が
馴染みが良いように思う。

■梁の間はラワンベニア
b0129659_8394262.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-14 08:47 | 『毛見の家』

140412 踊り場にあるトイレ

『毛見の家』

延べ床面積が103.62㎡(約31.3坪)の毛見の家。
コンパクトな間取りなので1、2階に1ヶ所ずつ便所を設けるのは不経済。
一方で、1階又は2階どちらかの階に設置することにより
便所を設置しなかった階はとても不便になる。

ということで階段の中間、踊り場に設置することに。
1.5階に設置されることで1、2階どちらからでもアクセスは平等。
写真のはしごの位置に階段が付き正面が便所になります。

結果的には便所下のスペースが
一旦外に出てから使用する小さな離れ(趣味室)となり
立体的に楽しげな間取りになっています。

■高さ方向を詳細に詰めることで部屋が増える
b0129659_823550.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-04-12 08:34 | 『毛見の家』