<   2014年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

140731 SOCIAL

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

学生の頃の設計課題で「紀州材を用いて・・・」と提案することで評価を受けることがあった。
キャッチな単語を並べるだけで良いのならこんなに簡単な提案は無いと思っていた。

しかし、実務に携わるようになると
発想は簡単には出るのですがそれを実現させることの難しさに直面する。
建築主の理解、予算の問題、良質な材の確保
学生の頃には考える必要のなかった事象が目の前にあらわれる。

審査をして下さっていた先生方は、実務として建築に携わられており
「紀州材を用いて・・・」というあさはかな学生の提案をより深く受け止められていたのだと思う。

実務を経験するようになって
「紀州材を用いて・・・」という言葉に社会性を感じるようになった。
以前の投稿(http://tsujichika.exblog.jp/22467127/)のように
和歌山の一福祉事業者である和が家さんが
紀州材を用いた施設を作ったというのはそれだけでもニュースになる。
穏やかで静かな和歌山らしい周辺環境、それを積極的に取り入れた建物の計画。
話題がつきない建物になっています。

■自己完結するのではなく社会性のある建物になって欲しい
b0129659_8323733.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-31 09:04 | 『WS』

140730 大詰め

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

大工工事も完了し、現場には色々な職方の人が出入りしています。
残り1ヶ月、現場もいよいよ大詰めです。

9月初旬に和が家さん主催の内覧会を予定しています。
入居希望者、ケアマネージャーの皆様
施設経営者並びに建築に興味ある方も是非お越しください。
詳細は追って告知させて頂きたいと思います。

■足場もとれこれからは外構を仕上げていきます
■小さな東屋もあり楽しい庭になると思います
b0129659_10351457.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-30 10:42 | 『WS』

140728 シークエンス

『毛見の家』

玄関を入ったところはスギ板に囲まれたスペースになります。
天窓からトップライトの光が落ち(写真ではまだ天窓はふささがれています)
半屋外のような不思議な空間をつくる。

次に、少し薄暗い階段室を挟んで居間のスペースに至る。
階段室との間には、格子の建具を設けフィルターとして機能させ
光と影の操作により、短い距離の中に奥行きを生み出していきます。

■天窓からの光を受け息を呑む玄関になると思います
b0129659_9155682.jpg
b0129659_916561.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-28 09:28 | 『毛見の家』

140724 大工さんの休憩場所

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

ずっと現場に居る大工さん。
休憩の時に必ず休む場所が決まっている。
大工さんの休憩場所は、その現場で一番快適な場所という話は的を得ているように思う。

■大工工事も残すはデイの間のみ 大工さんの表情もにこやかになっています
b0129659_884978.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-24 08:13 | 『WS』

140723 3人寄れば文殊の知恵

『サービス付き高齢者向け住宅+デイサービス和が家』

各居室の扉。
いつもお世話になっている津村建具さんにサンプルを作って頂きました。
ソフトクローズの感覚、手摺の取り付け位置、覗き窓の開閉方法、鍵位置など
オーナー含め細かく検討をさせて頂きました。

図面では色々と議論していたつもりでも
廻りの枠との干渉、思いもよらない問題点がたくさん浮き彫りになり
良い建具にブラッシュアップされました。

■引き手は廊下の手摺と同じものを使用し雰囲気を整えています
b0129659_6242154.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-23 06:31 | 『WS』

140722 屋上デッキ

『F+』

2階のリビングから出入りできるデッキを渡り廊下の上に作る。

渡り廊下の屋根を見ていると全面に敷いた方が気持ち良いように感じたので
当初予定よりサイズを大きくする案を考えています。
奥に細長いデッキになりますが
部屋から見ると広がりが生まれ、とても楽しい場所になりそうです。

■1階の緑が手に届きそうな場所です
b0129659_132612100.jpg

辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-22 13:30 | 『F+』

140717 写真家/石元泰博

写真家/石元泰博により撮影された本。
ルーシー・リーと桂離宮。どちらも、「ド」が付く定番。

■一人の写真家から興味を展開していくのはおもしろい
b0129659_8162768.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-17 08:36 |

140715 デザインの力

Filter-in-Bottle/HARIO
フィルターが付いたピッチャー。
ワインボトルのようなデザインで下は耐熱ガラス、上の緑はシリコン製。

ワインボトルをデザインソースにしているだけあって
栓がスポンと抜け、注ぐ際にはドボドボっとお茶が注がれます。
注ぐ行為そのものが完全に再現され
何てないお茶がとてもおいしく感じる。
急須とは違いお茶っ葉は、フィルターの下に入れるので
注ぐ度にお茶っ葉が舞うのもおもしろい。

近くのとれたて広場で緑茶の試飲が行われていた際
そこで使われていたのがこの商品。
その注ぎ方と、涼を感じさせる雰囲気にやられました。

■ラッパ飲みするのも絵になります
b0129659_635059.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-15 06:54 | 道具

140714 ひとつの部屋のように

『毛見の家』

大工工事も大方終わり、内部の骨格が見えてきています。
普通の家と違うのは、1階、2階がひとつの部屋のようにつながっている感覚。
丁度、中間階に便所を設けることでシームレスに上下階が連続しているように感じます。

■2階から1.5階の便所を見る
b0129659_8325211.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-14 08:38 | 『毛見の家』

140711 座るところ

『重根の家2』

写真を整理していたら一枚の写真に妙に惹かれた。

引渡し直前、朝日がのぼりはじめた時に撮影したのは覚えている。

ダイニングとリビングを半間ずらすことでリズムを作り
デッキまで斜めに視界が抜けるように計画をした。
それぞれのポジションに、
ファブリックのソファ-、木製の椅子、コンクリートのベンチが備えられ
短い距離の中に色々な座るところが用意されている。

なんてない写真に見えますが
設計意図と合致したこの写真は大切にしたいと思う。

b0129659_8135591.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
by tsuji-chika | 2014-07-11 08:38 | 『重根の家2』