<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

161128 ビフォーアフター

『上の家』

住宅産業に一時代を築いたビフォーアフターが終了した。
くしくも国の政策は、空き家を再利用することに躍起になっている。

先日、何千とある空き家をすべて調査した行政の方と話をさせて頂いた。
国や議員さんは、「もっと空き家を有効活用する努力を・・・!」と言うが
使えるような空き家はほとんど無く、あったところで民間の不動産屋さんが先に手を打っている。
行政が扱えるのは、経済的価値の無い空き家というのが現実でそれを有効活用しろと言われてもと
机上と現実のギャップに頭を抱えておられた。

ビフォーアフターに違和感を持つのは
クライアントがプロジェクトに係わることなく、完成時に感動するだけの存在になっていること。
結果がうまくいけば良いが
完成時にはじめて現場を見てこんなはずではなかったとトラブルがあってもおかしくない。
本来、キーパーソンであるべきクライアントの存在を排除することで
匠が派手に立ち振る舞えるのが、「劇的」になるカラクリで、現実のプロジェクトはそう簡単ではない。

クライアントに、背中を押して頂きながら、時にはブレーキを踏んでもらい着地点を探っていく。
特に、リフォームの場合はクライアント側に建物に対する思い入れ、欠点に対する
リアルな肌感覚を持たれているのでそれを共有することからはじめなければならない。
粘り強い対話と、注意深い観察力が無いと良い結果が生まれない。

空き家、マンションのリフォーム、今回のような倉庫の住宅へのリノベーションと
社会的ニーズとしては年々高くなってきているのが分かる。
当事務所でも
六十谷の家http://tsujichika.exblog.jp/i44/
有田の家3http://tsujichika.exblog.jp/i49/
幡川の薬局http://tsujichika.exblog.jp/i47/
とリフォームの案件が増えている。

番組の終了をきっかけに「劇的」(番組の功罪は別にして)ではなく
地道な対話・観察の積み重ねが求められる、本来のリフォームのあり方を考える時期に入ったと言える。

b0129659_8511627.jpg
b0129659_8512865.jpg
b0129659_8513780.jpg
b0129659_8514832.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2016-11-28 09:57 | 『上の家』

161126 飾ること

『上の家』

余白を残しておくこと。
建築は建物だけで完成するのではなく、生活があり、そこには物が置かれる。

その時はじめて建物が活き活きするように
建物は装飾的になるのではなく、少し控え目な方が良い。

季節に変化を感じたり、家具を移動させたりと
少しずつの変化で建物に新陳代謝が起る。

■気配をつむぐ
b0129659_4525853.jpg
b0129659_4531710.jpg
b0129659_4532516.jpg
b0129659_4533510.jpg
b0129659_4534814.jpg
b0129659_4535825.jpg
b0129659_454849.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2016-11-26 04:58 | 『上の家』

161125 シークエンス=連続

『上の家』

家に入って、居間に至るまでの流れを考える。

(写真1):細長い玄関土間から入り、先への期待感を膨らませる。
(写真2):靴を脱ぐとき振り返って見る壁。日光が入り少し気持ちが楽になる。
(写真3):玄関はあくまでもすっきりと流れを遮断しないように。小さな扉の向こうに部屋の様子が見える。
(写真4):前室に入る。ラワンベニアの天井、リネンのカーテン、絨毯、アイキャッチになる重心の低い照明とデイベッド。
一気に温かさを感じる。おそらく足裏から伝わる絨毯のやわらかい感触で肩の力も抜けている。
(写真5):佇まいをただしあらためてLDを見る。この先一体どうなっているんだ・・・。

建築の古典的な手法。シークエンスの醍醐味が味わえる計画です。

b0129659_4564091.jpgb0129659_4565088.jpg
b0129659_457185.jpgb0129659_457928.jpg
b0129659_5112695.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2016-11-25 05:15 | 『上の家』

161124 半年が経ち・・・

『上の家』

今年の7月末に引渡しをさせて頂きました『上の家』。
昨日竣工写真の撮影をさせて頂きました。

もともと、重量鉄骨造の倉庫を改修され住居として住まわれていましたが
ご縁頂戴して、あらためて改修をさせて頂きました。

重量鉄骨造特有の大きな空間を
天井・床に段差を設けることでゆるやかに分割し、部屋毎にリズムを設けています。

玄関から入るとすぐにカーペット敷きの前室に入ります。
LDKの大きな空間にポンっと入るのではなく
間に少し小さな部屋を介することで全体の馴染みを良くしています。
カーペット敷き、ラワンベニアの天井仕上げとあいまって温かい印象の部屋になっています。
窓際には横になれるようデイベッドが造られています。

今回の改修では
天井にダウンライトやシーリングライトなどの照明をつけないことをテーマに計画を進めました。
天井に付属物が無いことで非常にすっきりとした印象に感じて頂けると思います。

b0129659_1192955.jpg
b0129659_1194441.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
by tsuji-chika | 2016-11-24 11:33 | 『上の家』