170913 誰が描くか

『京都の家』

平面図や立面図といった一般的な図面だけあれば建物は建つ。
縮尺でいうと1/100やせいぜい1/50があれば十分。
枚数でいうと10~30枚で建っている家がほとんどではないかと思う。

しかしそれは決まりきったものを決まりきった方法で使う場合には必要十分ではあるが
『窓廻りの印象を深くしたい』などとちょっと変わったことをしようと思うとそうはいかなくなる。

縮尺でいうと1/5や1/2、時には原寸が登場し、枚数も1件あたり最低100枚は必要になる。

大工さんがすべてを請負っていた時代は
簡単な板図だけで、後は棟梁の頭の中に経験と図面があった。

分業化が進むとそうはいかなくなり、誰かが図面をきちんと描く必要が出てくる。
工期短縮、予算縮小、人材不足が著しい建築業界において、施工図という形で現場にそれを求めるのは難しい。
まだまだ納まりを理解する優秀な監督や職人がいて、現場ではいつも助けられるのだが
後10年すればそういった人も確実に少なくなる。

自分がそういう年齢になってきたということもあるが
尊敬する建築家が言っていた、
『やりたいことを形にする為には、めんどくさいことを請け負う覚悟が必要』という言葉。
今は、設計事務所が現場まかせにして楽をする時代ではない。

b0129659_10324296.jpg
b0129659_10325218.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-09-13 11:03 | 『京都の家』

170905 第34回住まいのリフォームコンクール 優秀賞

有田の家3

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターが主催する
第34回住まいのリフォームコンクールにて有田の家3が優秀賞を受賞致しました。

学生の頃、毎月コンペを出す時期があった。結果は連戦連敗
学生のコンペというと、与えられたテーマに対し建築を考え、アイデアを出す形式が多い。
実際に建物が建つ前提の実施コンペというよりは
仮想のテーマに対してどのような回答を出せるかというものがほとんど。
当時を振り返ると、対象の無い暗闇にボールを投げていた感覚が常に付きまとっていた。
どうもリアリティーの無い思考が苦手だったのだと思う。

仕事として建築をスタートすると
その暗闇が、明確なクライアント(お施主さん)という形で表れるようになった。
ボールを投げては、剛速球や、変化球、ゆるやかで捕りやすいボールを投げ返してくれる方様々。
そのキャッチボールの中で肩(建築)を鍛え、球種(建築)を磨く。

建築は、クライアント、予算、工法、材料、工務店・職人さんと様々な
リアリティーと対峙することで具体化する。
そのリアリティーのキャッチボールを通してでしか具体的な形を作ることはできない。
アイデアだけでは成立しないところが建築士がアーティストではないところ。
だから、アイデアを出せない学生にはそこで止まらないで欲しい。
連戦連敗だったとしても、建築はアイデアだけで簡潔するそんな単純なものではない。

今回賞を頂くことになり改めてその考えを強くした。

チャンスを与えて頂きましたお施主様。
そして難しい仕事を請け負って頂きましたテラマエ建設さん。
いつも楽しく大工工事をして頂きました名コンビのサイトウさんとトミナガさん。
そして職方の皆様本当にありがとうございました。

b0129659_9185695.jpgb0129659_9184465.jpg
b0129659_919714.jpgb0129659_9191387.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-09-05 10:12 | 『有田の家3』

170826 動きの中で

『黒江の家』

起床して部屋のドアを開ける時
階段をのぼって呼吸を整える時
キッチンで料理する人を見る時

動きの中で、はっと気付き、ドキッとして、光の機微を感じる。

静止画で建築は理解できない。

そこがおもしろい。

■spatial quality
b0129659_16384168.jpgb0129659_163855100.jpg
b0129659_1639119.jpgb0129659_16391892.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-08-26 17:26 | 『黒江の家』

170825 日本の景色をつくるもの

『黒江の家』

キッチンスペースにつく大きな窓。
北側に取り付けられ、黒江の山が見えてとても開放感がある。
サッシの方立(ほだて)が単調に並び愛想がないので一工夫。

日本の景色とは、アルミサッシに切り取られた景色と言っても過言ではない。
見える景色が、既製品のアルミサッシに切り取られている以上
北海道でも、沖縄でもどんな景色でも日本的な見え方になる。
もっと言うと、海外で日本のアルミサッシを使ったとしてもどこか日本的な見え方になる。
だから、アルミサッシを使う場合はすごく慎重になる。

写真は方立ての内側に添える木枠。
材木屋さんに眠っていた、ホワイトアッシュ。
床で組んでから取り付ける。

■存在感がすばらしい、無垢のホワイトアッシュ。見える景色が変わります。
b0129659_10135733.jpg
b0129659_10163383.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-08-25 10:32 | 『黒江の家』

170824 諧調=Gradation

『黒江の家』

ある言葉を学ぶことで、新たな視点(感覚)を持つことができる。
写真技術の用語として、諧調という言葉がある。
「諧調が豊か」、「諧調の幅が広い」、「諧調を整える」といったように使う。

一部に杉板の外壁がある。
杉板は、赤白交じるのが特徴。
そのままでも十分きれいなのだがどちらかというと力強い表現になる。
写真技術の用語で表現すると「コントラストが強い」となる。

今回は白い左官の外壁と「諧調を整える」為、薄塗りの白い塗装を施す。
左官の白、木の白と、同じ白の中に幅をもたせることで上品さが漂うようにしたい。

この感覚は写真表現と同じだと思う。

■写真はサンプル。微妙な調整が難しい
b0129659_11082381.jpg














辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-08-24 11:30 | 『黒江の家』