170628 『一般解』と『違う答え』

『黒江の家』

「どう思いますか?」と職人さんにはよく質問をする。
当然こうだろうと思っていたことについても、未だに違う答えが返ってくることがあるから。

当然こうだろうと思っていたことが『一般解』とすると
『違う答え』というのはその職人さんが実際に経験したこと、いわゆる体験談に基づくことが多い。

体験談は、5年や10年の話ではなく、20年前に工事したものが今どうなっているかといったような
長い経験からくるものや、地域ならではのこと等、説明書や参考書には絶対に載っていない話がほとんど。

体験談は、成功したり、失敗したり、その職人さんが直接経験した話なので説得力があるし熱く語ってくれる。
だから必ず聞くようにしている、「どう思いますか?」と・・・。

■エアコンのドレイン管の処理について『違う答え』が聞けました
b0129659_915596.jpg
b0129659_939332.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-06-28 09:53 | 『黒江の家』

170626 普通ではないこと

『黒江の家』

リビングに付ける高さ1,800mmのサッシ。

高さ1,800mmとなれば、床から取り付けるのが普通。
それを腰窓に使う。そこが普通とは違う。

何だそれだけかと思うかもしれないが
これがなかなかできない。

高さ1,800mmのサッシのカタログには丁寧にも
「掃き出し窓」と書いている。
そこにはこんな窓を腰窓で使うやつなんかいないだろうというメーカー側の思い込みがある。
使う側も疑うことがない。

普通でないということは、普通を疑うこと。
こうすれば良いよねという創造力があたらしい普通を作る。

■天井高さは2,800mm
b0129659_1517211.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-06-26 15:25 | 『黒江の家』

170624 五感

引渡し間近の家で、現場検査をしていた。

美装は済んでいるものの、家具も置かれていないので
そこはまだ「現場」だった。

先に仏壇だけを納めたいということで
仏間の定位置に仏壇が納められた。
お施主さんが、ひとつの区切りということで線香をあげた。

その瞬間、ガラリと現場の雰囲気が一変した。
「現場」が「住まい」に変わった。

b0129659_9381869.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-06-24 09:47 | 『その他』

170623 近くの景色と遠くの景色

『黒江の家』

住環境を豊かにしようと思うと

近くの景色、遠くの景色。
南側の窓、北側の窓。
天井の高いところと低いところ。

といったように、ひとつずつの要素に対して
多様性、めりはりをつくることが大事。

マンションの場合は(角部屋でない限り)
南側のみに窓があるだけというのがほとんどなので
そこからの景色は限定的だし、何より差し込む光の変化が乏しくなる。

東には東の、北には北の、西には西の良さがあって
それらが重層的に重なることでどんどんと住環境が豊かになる。

せっかく一戸建ての住宅を建てるのだから
その多様性を実現して日々の些細な変化を楽しめる仕掛けをつくりたい。

■隅柱を抜き北東に開くバルコニーを設けた。
遠くには甲子園の常連、智弁学園和歌山が見えます。
b0129659_8182896.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-06-23 08:31 | 『黒江の家』

170622 木を見に行く

『京都の家』

今回お世話になる北川造園さんに案内頂き、外構工事で使う木を見に行った。

現場から西へ向かう。
道中、石庭で有名な「竜安寺」、世界遺産「任和寺」の前を通りなんだか修学旅行のようだと。
見に行きたい気持ちで頭をクラクラさせながら、広沢池を左折し目的地へ到着する。

住宅地の中に突如と現れるあたりは、松田さんの畑とは違う。
工事は年末になるが、木を見るなら新緑の時期に。花をみたり葉色を確かめたりイメージをつかむ。

■畑には広沢池から水路を引き込んでいた。水遣りにつかっているようです。
b0129659_15545332.jpg
■山法師が花の時期です。
b0129659_15544462.jpg
辻・近川建築設計事務所が関らせて頂きました物件について
内覧希望の方はお気軽にお問い合わせください
実際に体感して頂くことでたくさんの発見をして頂けると思います
辻・近川建築設計事務所
Instagram

# by tsuji-chika | 2017-06-22 16:18 | 『京都の家』