180208 解体工事が完了

『新宮の家』

解体工事が完了し、いよいよ工事着工です。

新宮ということで
漠然とのどかな山並みの中に建つのかと思っていましたが
現地を訪れた時は、その街中ぶりに驚いたことを思い出します。

商業地域で準防火地域となれば立派な都会。

向かって右側には中層の福祉施設が建ち
左側にも駐車場を挟んで鉄骨造のカメラ店が建ちます。

計画は平屋でインナーガレージが付きます。
建物の谷地に建つ和歌山では珍しい敷地条件。

■建物の解体が終わったので、まずは地盤調査から
b0129659_16195481.jpgb0129659_1620329.jpg
b0129659_16201139.jpgb0129659_16201924.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-02-08 16:27 | 『新宮の家』

180206 定期講習

3年に一度受講が義務付けされている定期講習。
この3年間に変わった法改正の説明や
改めて建築士とはについて考えさせられる貴重な時間。

講義は朝から夕方まで一日を通して・・・。
最後に簡単な試験があって講義終了。

■次回は、2020年度中に受講が必要。備忘録として。
b0129659_842448.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-02-06 08:46 | 備忘録

180130 ランドリースペース

『京都の家』

黄砂、花粉、PM2.5、共働き、防犯・・・。
環境が変わり、ライフスタイルが変わることで
洗濯干し場の室内化を求められることが多くなってきた。

■洗濯室と玄関横のクロークとが小窓を介してつながる
b0129659_8544746.jpg
b0129659_854551.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-01-30 09:12 | 『京都の家』

180126 『新宮の家』

『新宮の家』

和歌山県は新宮市での計画。
いつも穏やかに対応してくださる
ご夫婦の終の棲家として計画を進めさせて頂きました。

新宮市は、豊富な森林資源を背景にした製紙業で古くから栄えた街。
その街中に大きな商店街がありそこにあった古い建物を壊しての立替え。

隣地は大きな建物に囲われ、間取りは仏間のある平屋となります。

工務店さんも決定し、現在解体工事が行われ2月に着工となります。

■紀伊半島の中央を横断する車での旅程。片道3h
b0129659_1121444.jpg
b0129659_112344.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-01-26 11:13 | 『新宮の家』

180125 完了検査

『京都の家』

風致地区の場合、通常の建築確認に対する完了検査以外に
風致申請に対する、完了検査が行われる。

風致申請とは、場所毎に意匠的な基準を定め
その場に合った建物が計画されているかを審査するもの。
その完了検査は計画通り建てられているか京都市の方に確認頂く。

なんとか検査も終了し
外構の残工事を残すのみ・・・。

■軒先が通り落ち着きのある外観になりました
b0129659_824382.jpg
b0129659_8244728.jpg
辻・近川建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-01-25 08:32 | 『京都の家』