190619 シャッターの問題

『赤坂台の家2』

昨年の台風21号
が建築業界に与えたインパクトはとても大きい。

その一つに、雨戸やシャッターに対するニーズがある。
(新宮の家では外壁の外側に木製建具で雨戸(引き戸)を付けている)
今のガラスは昔のものに比べると厚みがあり、余程のことがない限り割れることはなくなった。

設計事務所の場合、意匠(デザイン)的な理由もあり
雨戸やシャッターを付けない設計がほとんどだが、
今回の台風を機に雨戸やシャッターを避けて考えるのが難しくなった。
(強化ガラスを用いるという選択肢もある)

さて道路側に面する部分、2階の寝室についたシャッターボックス。
2階の外壁を外にふかして、凹みをつくりその中にシャッターボックスを納めた。
そらにその奥行きを利用して
凹みの手前側にアルミの簾を付け建物の外観を整えることにしている。

■ネガ要素を逆手にとって考えてみる
b0129659_116395.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-06-19 11:23 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)

190618 見切りについて

『赤坂台の家2』

絶対に誰も気付かないから書いておきます(笑)。

吹き抜けの垂れ壁と、1階の天井の見切り材について。

垂れ壁は、茶色の仕上げ。
1階の天井は、白の仕上げ。

仕上げが切り替わるので
その取り合うところには見切りが必要になる。

今日の話はその見切りについて。

何も考えなければ、ボテッとした角材を付けて終わるところ。
今回は、断面を三角形に処理して頂くことでシャープな印象にした。

小さな部材だが
この一手間で吹き抜け全体の印象がきりりとなる。

■写真も少し大きめに・・・
b0129659_10481328.jpg
b0129659_10483397.jpg

辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-06-18 10:57 | 『赤坂台の家2』 | Trackback | Comments(0)

190614 遣方(やりかた)

『白浜の家』

建物が建つまわりに
仮設板で建物の位置、高さの基準をつくる、遣方(やりかた)。

斜面地や敷地が整形されていない土地の場合は
この基準がないと正確に何も建てることができない。

今回の遣方を見るだけで
土地の形状がいかに複雑かがわかる。

■久しぶりにこんなに高さのある遣方をみた
b0129659_542398.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-06-14 05:48 | 『白浜の家』 | Trackback | Comments(0)

190613 地盤改良工事

『白浜の家』

地盤改良工事の確認と基礎の打合せで白浜へ。

地盤改良工事は順調に進み
予定通りの深さで硬い岩盤に届いていると報告を受けた。
浅いところで2.5m、深いところで4~6m。
おおよそ、敷地形状に合わせてその深さが平行しているので
表面の土は谷地に堆積した土であることがわかる。

地盤改良工事は今日で完了し
一週間の養生期間をおいてから基礎工事にとりかかります。

柱状改良工事
b0129659_5363242.jpg
b0129659_5365516.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-06-13 05:45 | 『白浜の家』 | Trackback | Comments(0)

190612 road to sky

b0129659_626612.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2019-06-12 06:26 | kenoba | Trackback | Comments(0)