180517 by hand

b0129659_8291342.jpg
CAD世代としてずっとパソコンで図面を描き続けてきた。
効率が良いしコンマ1mmの世界まで正確な図面を描ける。

しかし、経験と共に
ひとつの線に込める意味、いらない寸法と
必要な寸法が明確に区別できるようになってきた頃から
何でも等価に表現してしまう、CADの精度が少しずつストレスに感じるようになってきた。

手で描く場合、一つの線をかくにも消すにも手間がかかる為
無駄なものを極力描かないようにと自然と作業が強制される。

また、様々なスケールがひとつの紙面に同居することで
ささっと描いたスケッチが図面の解釈に役立つ。

何よりも描いていて楽しい。

現場サイドとしては
乱雑にかかれた文字や線の理解に苦しむかもしれませんが
しばらくすると上達しますので、そこは我慢してお付き合いください(笑)。

■手描きの図面もスキャンすることでデジタルとして扱える
b0129659_8275175.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-05-17 08:53 | 道具

180516 塗装屋さん泣かせ

『新宮の家』

サンプルの色がそのまま、反映されない柿渋。

色が着いているか着いていないかわからない仕上りでも
1ヶ月もすれば色が少しずつ濃くなり風合いが増す。

また、スギの白か赤、ヒノキや米ヒバなど樹種によってもその変化の仕方が違う。
そこを見極めて調整する必要があり
塗ったその場でOKという塗料ではない。

少し時間を置いて変化の調子を見ながら馴染むのを待つ。

b0129659_828195.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-05-16 08:34 | 『新宮の家』

180514 大きさ(容積)

『新宮の家』

年配のご夫婦の終の棲家を計画する時、大きさに注意する。
部屋の大きさ、建物の大きさ、建具の大きさ等々。

無理に大きな空間は
心理的な負担、経済的な負担、熱い寒いといった身体的負担が重くなる。

程々にヒューマンスケールであることが何よりも大事だと思う。。

b0129659_8311513.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-05-14 08:38 | 『新宮の家』

180510 早い

『新宮の家』

上棟してから1ヶ月も経たずして内部の造作にとりかかっている。
早い・・・。
GW中も返上で作業して頂いているとはいえ驚いた。

車庫にはシャッターが付き
軒天はスギ、造作材はヒノキで整えた。

無地の仕上がりが清清しい。
ここに柿渋を塗っていく。

b0129659_16181223.jpg
b0129659_16182021.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-05-10 16:32 | 『新宮の家』

180426 新緑

『京都の家』

b0129659_834419.jpg
1ヶ月ぶりに京都へ。
枯れ色だった庭木が、新緑に色づきまた違った雰囲気が漂っていた。
また改めて竣工写真を撮らせて頂きます。

b0129659_834532.jpg
辻健二郎建築設計事務所
Instagram
# by tsuji-chika | 2018-04-26 08:42 | 『京都の家』