090327 貫通穴

建物の中で発生する排水汚水を流すには、
壁又は基礎を貫通して外に出す必要があります。
その貫通する穴を、スリーブと呼びます。

通常、補強した上で基礎の立ち上がり壁を貫きます。
基礎の底を掘って通す工事も見られますが、
建物が地震でゆれた場合重みが加わり破損する恐れがあるので、
見え掛かりになる場合を除きあまりしない方が良いとされています。
破損した場合にはメンテナンスしやすいというメリットもあります。

b0129659_9592259.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-03-27 10:01 | 『大野中の家2』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/10599072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 090328 着工に向けて 090326 ちょうど一年前 >>