090404 試験体①∥2009∥ヒノキ∥無塗装∥軒の出少∥南面

木を外壁に使うことが多い。
経年変化していく様子、近寄りやすい雰囲気、
呼吸していること、色々なことを考えると木は良い。

外壁に木がほとんど使われなくなったのは、
その耐久性に疑問視する声があるから。
ただ、今目にする木を使った外壁は20年から30年以上前の建物がほとんどで、
日本の住宅の平均寿命のよりも長い年月を経たものが多い。
今までご苦労様と十分な時間が経っています。

良い『試験体』を見付けました。
ヒノキ板を打ち付けただけの、農業用倉庫。
軒の出も少なく、写真方向は南面。しかも、無塗装ときました。
去年ここを通りかかった時も存在していたので、2、3年経過していると思います。

今後経年変化を追っていきたいと思います。

※本日『大野中の家2』の上棟は午後から雨模様ということで、月曜日に延期になりました。

b0129659_8413897.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-04-04 08:46 | 試験体 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/10652042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 090406 棟上 090403 床組み >>