090502 箕面観光ホテル

箕面観光ホテル∥1968年。設計は、坂倉準三建築研究所(現坂倉建築研究所)。
モダニズム建築を実践した建築家の作品ということで楽しみに行ってきました。

まずは山肌にそびえ建つ土木的なスケールに圧倒されます。
コンクリート打放しの荒々しい表情、そこかしこにメタボリズムの香り漂う柱梁の納まり、
当時の勢いが今でも感じられ、建築好きの方には一見の価値ありの建物です。

写真にはありませんが、最上階がピラミッド型の屋根をもつ温泉施設となっていて、
そこから見える眺望は必見です。
眺望を楽しむ為に、サッシ枠に直接シャワーが取り付けられ体を洗いながら景色を
楽しめる、少し成金主義のような構成になっているのもおもしろいです。

■自然に屈することなくグイグイと増殖していくような勢いある形態
090502 箕面観光ホテル_b0129659_8241122.jpg090502 箕面観光ホテル_b0129659_8241851.jpg

■ロビー 赤絨毯がひかれ建物の形態に合わせ雁行しているのがおもしろい
090502 箕面観光ホテル_b0129659_8244246.jpg090502 箕面観光ホテル_b0129659_826055.jpg

■駅からのアプローチに使われている空中エレベーター 発想に夢があります
■客室からの眺望 
090502 箕面観光ホテル_b0129659_8455170.jpg090502 箕面観光ホテル_b0129659_8455847.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-05-02 08:59 | 『その他』 | Trackback | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 090503 憲法記念日 090429 地鎮祭∥昭和の日 >>