090603 基礎-配筋検査-

『山中湖の家』配筋検査。
バス停を降りると少し肌寒く(13℃)、
携帯していたジャンパーを着ての検査となりました。

配筋は、とてもきれいに組まれていることが
1枚目の写真付近からすでにわかります。

図面内容と照らし合わせて、
かぶり厚、鉄筋間隔、補強筋などなどチェックをさせて頂きました。
型枠を組む前に鉄筋くずをきれいにしておいて下さいとお願いし、
他事項については合格。引続き型枠を組んでコンクリート打ちへと
進んでいきます。

現場を確認した後、
丸格建築さんの事務所にて構造、設備についての
細かな打合せを行い一通りのスケデュールを終えました。

■既存の樹木を避けるようにして建物は建ちます 木に囲まれた別荘になります
090603 基礎-配筋検査-_b0129659_85724100.jpg

■引き続き型枠を組んでコンクリートを打っていきます
090603 基礎-配筋検査-_b0129659_8574584.jpg

■手前の3本の木 建物にとって重要な木です 
090603 基礎-配筋検査-_b0129659_858915.jpg

■基礎は周囲の地盤から深い所に埋められているのがわかります 
■土を埋め戻すとまた雰囲気が変わります
090603 基礎-配筋検査-_b0129659_8593517.jpg

■今日の富士山 頂上付近に少し雲が
090603 基礎-配筋検査-_b0129659_933674.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-06-04 09:23 | 『山中湖の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/11166239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 090605 プライド 090602 気持ちいい >>