090703 埋め戻し

『凍結深度:地盤の凍結がしなくなる表面からの深さ』をいい、
地域ごとにその深さを判断します。
(※行政によってきっちり定めているところと現場の判断に任せますというところがあります)

地盤が凍ることで土の中の水分が膨張したり収縮したりするので、
凍結する範囲の地盤深さに基礎の底面を設置していると、
その収縮によって建物がぐらぐらしてしまいます。
(※冷蔵庫で氷を作った時に少し量が増える現象を思い出してください)
そこで、凍らない深さまで基礎を掘り下げ、
安定した地盤によって建物を支える必要がでてきます。

埋め戻し作業はきっちりその深さを確保しながら進められており、
適当に土をいれて良いわけではありません。

□送って頂いたライブ映像
■埋め戻しが行われ見慣れた基礎形状になってきました
■湿気止めとして防湿シートを敷いた上に土間コンクリートを打ちます
b0129659_8145994.jpg
b0129659_8151949.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-07-03 08:29 | 『山中湖の家』
<< 090705 新しいこと 090702 紙一重 >>