091016 内と外が錯綜して

オモシロイ見え方。
外部開口部の工事が正念場。
開口部の輪郭が見えてきて、
『大野中の家3』独特の形状がつくる、内と外が錯綜している様子が見えてきました。

開口部の開き方を左右対称であったり、均等に割り付けているのですが、
それらが重層することで複雑な視覚的効果を生み出しています。

091016 内と外が錯綜して_b0129659_838507.jpg

辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-10-16 08:53 | 『大野中の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/12140007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 091017 イロをつかう 091014 グリーンベルト >>