091029 1.75間

1.75間(けん)つまり、畳が1+0.75枚の間口をもった居間。
通常2間x2間で8畳間、2間x1.5間で6畳間として部屋は考えられるので
この部屋の間口はそれから考えると狭い。
図面上で見ていても、台所へいたる廊下と部屋の中間ぐらいの存在で
ここが溜まりになるスペースになるとは想像しにくい。

数字以上にのびのびした部屋になってきたのは、
軒が深いこと、天井いっぱいまでにとった開口部、
その大きさが部屋に対して不釣合いということも部屋を広く感じさせることに貢献しています。
とにかく気持ちの良い場所です。

■内部が仕上がり 内障子が入ると印象はがらりと変わります 楽しみです
091029 1.75間_b0129659_845148.jpg


辻・近川建築設計事務所∥海南市 設計事務所 和歌山 建築 辻 近川 建築設計事務所∥

by tsuji-chika | 2009-10-29 08:20 | 『大野中の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/12221963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 091030 サッシの扱いかた 091028 高さが違う >>