091203 古いものは・・・

山中湖の家∥大野中の家3∥湊の家∥赤坂台の家

『古いものはいい』と単純に決めてしまうと、思考停止に陥ってしまい
本当の良さが見えてこないことが多いので注意する必要があります。

海南の街中を歩いていて
古い建物をたくさん見るのですがその中でも良し悪しで
何が良いのか何が悪いのかをきちんと考える必要があると思っています。

『大野中の家3』
解体する主屋の縁側床板。
おそらく松だと思うのですが、3間長さの一枚板。
通常2間までがせいぜいなのでこの長さは迫力があります。
1世紀も前の材となれば乾燥はバッチリでこれから暴れたりする心配はない。
おばあちゃん、息子さんの記憶にも『一枚板でな~』ときっちりと受け継がれている。
材の良さと思い出と両面からこの材には十分価値があると言えます。

2期工事でこの材を再利用することに決め、
大工さんにお願いして解体前にはずして頂きました。
乞う御期待です。

091203 古いものは・・・_b0129659_1025669.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2009-12-03 10:29 | 『大野中の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/12433156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 091204 お気持ちはわかります 091202 正面性 >>