091205 試験体②∥2009∥スギ∥無塗装∥軒の出無∥東面

前回調査から8ヶ月、その後の試験体②を確認してきました。

水が残りやすいところと乾きやすいところで
徐々に色の差が出始めているのがわかります。

特に、建具の板どうしの突き付けのところ。グレー色に変色してきています。
それと板塀部分の板を支える横桟。
構造上どうしても水の受け口になってしまうので
横桟の上部分とその周辺が少し変色しはじめています。

当然ですが自然材なので板材間で変化に差がみられ、
変色が早いものと遅いものの差が表れています。

ここまで書いてきて、
前回の写真とあらためて比較すると、
白身の部分が変色しているのがよくわかります。

一般的に赤身材は強いと言われていますが、
この結果はそれを実証したものとなっています。

最後に、ステンレス製の釘を使って板をとめていましたが、
こちらは雨垂れのあとがありませんでした。

今後も追跡調査を行います。次回は半年後を予定です。

091205 試験体②∥2009∥スギ∥無塗装∥軒の出無∥東面_b0129659_9435367.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2009-12-05 09:57 | 試験体 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/12444705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 091207 紅葉 091204 お気持ちはわかります >>