100125 骨格

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

建物の骨格に興味があります。
仕上げがされる前の床・壁・天井の関係が見えてきたとき。
どんなにローコストの家でもお金をかけた家でも
この過程があって仕上げへと移っていきます。
共通しているのは、この段階で力強さや魅力を持っていないと
どんな仕上げ(化粧)をしていっても結果は知れているということ。
建物について大理石を使った、シャンデリアをつけたとか
表層の部分で評価している間は本当の良さは見えてきません。
人と同じでそれを支える骨格を考えていかない限り
良い建物にはならないと思っています。

■上:開口部を開けることで室内に外部が入り込みます
   :1段下げていることでテラスとの一体感が生まれます
■下:往来の多い南側の道路に正対するのでなく
   室内と外との関係を斜めに振って視線をそらしています
100125 骨格_b0129659_874195.jpg
100125 骨格_b0129659_874925.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-01-25 08:25 | 『湊の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/12725935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100127 試験体③∥30年... 100123 『T』~上棟~ >>