100206 立った時と座った時

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

立った時と座った時の視線は違います。

住宅展示場や知人の新築祝いに言った時たいてい
立ったまま中を見せて頂くことになることになるので
実際に住んでみると居心地が違ってくるということはよくあります。

座った時と立った時どちらの視線を主に考えるか。

赤坂台の家のメインの開口部。
有効巾2間のスカッと抜ける開口です。
皆が集まり畳に座ってワイワイする時の視線に合わせ
開口の高さを決めました。

■立った時:垂れ壁の影響で視線が遮られ囲われた印象を受ける
100206 立った時と座った時_b0129659_1382510.jpg

■座った時:空に視線が抜け道路の先の空には花火が見えるようになります100206 立った時と座った時_b0129659_1383280.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-02-06 13:22 | 『赤坂台の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/12794510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100207 スカッと 100205 ご苦労様です >>