100309 し、渋い

大野中の家3∥湊の家 ∥赤坂台の家∥T∥House K

建具の打ち合わせで津村建具さんの作業場へ。
写真は津村さんと共同で試作しているMDFの建具
もともと安価に良い建具を考える為にMDFの厚みそのままを使って作れないかと
スタートしましたが現時点では反り、重量の問題に対する答えが出ていないので
フラッシュ(心材の骨組みを薄い仕上げの面材でサンドイッチする一般的な作り方)の仕様
にして湊の家で採用することにしました。

MDFとは
木材を繊維状にほぐし接着剤などを配合してボードに成型した「繊維板」の一種。
簡単に言うとすごく固い紙のような素材。もちろんこの上に塗装をして仕上げること
も可能なのですがそれでは塗装費が必要になり安価に作るというコンセプトが本末転倒。
襖が紙のままで成立しているので無塗装ということで考えていきます。

■MDFのフラッシュ戸 小口の処理を丁寧に行うことで安っぽくない仕上げにしています
■これだけ渋い建具はなかなかありません 
■真鍮の金物や無垢の仕上げにもよく馴染むと思います
100309 し、渋い_b0129659_8204744.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-03-09 08:43 | 『湊の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/12962183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100311 押出成型セメント板 100308 山中湖以来 >>