100402 「時間はかかるもの」

大野中の家3∥湊の家∥赤坂台の家∥T∥House K

一つ一つの窓廻りの造作が終わるとようやく外壁の仕上げに入ります。
いつもお世話になっているテラマエ建設さんの棟梁。
現場がきれいということで紹介させて頂きましたがその精度についてもすごい。
以下、建具屋さんとの雑談。
「建具を納める時に精度が一番よくわかります。
建具は直角に作っています。
枠はそったり、直角がでていなかったりしているものなので
その癖に合わせ建具の削り合わせでスムーズに動くよう調整していきます。
それが普通なのですが、棟梁さんの場合それがほとんどないのにはびっくりします」と。

「丁寧につくること」⇔「はやくつくること」相反する考えのようで
ナカナカその両方を求めることは難しい。
そういう意味で
クライアントの寛容さという支えがあっての「時間はかかるもの」なのだと思います。

100402 「時間はかかるもの」_b0129659_9153785.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-04-02 09:42 | 『大野中の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/13086909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100403 ワクワクする 100331 木箱 >>