100617 日本的な発想

無双(むそう)窓。
板材が横にスライドして風や光を通すことが可能な建具。
3段構成になっており
上段には網(通風+採光)、中段にはガラス(採光)、下段は固定としています。
建具単体で比較すると割高になるのですが
ガラス戸、網戸、雨戸とそれぞれ作った場合には建具3本必要で
この場合であれば1本で用が済む。
今回のように2本引きとなった場合はさらにその倍が差となります。

一つの機能を別々に作るかパッケージして考えるか
とても日本的な考え方だと思います。

■暖房区画とははずれた土間や玄関の袖窓に使うことが多い
100617 日本的な発想_b0129659_10183962.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-06-17 10:02 | 『大野中の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/13469019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100618 やさしい光 100615 一体で考える >>