100622 試験体①∥2009∥ヒノキ∥無塗装∥軒の出少∥南面

コアに反響を頂いておりました『試験体』シリーズ。
経過報告をと思い見に行くとサ・イ・デ・ィ・ン・グに・・・。

何故変更されたかについて勝手に考察してみます。
前回の写真を見ると
植木付近(下の方)の壁の変色が目立っています。
軒の出が少ないので足元に雨が直接あたっているのでしょう。
又、植木と外壁との距離が近く廃材なども置いていたので
常に湿気の多い状態になり板壁にとっては良くない環境だったのだと思います。

また新たなサンプル探して観察を続けていきたいと思います。
100622 試験体①∥2009∥ヒノキ∥無塗装∥軒の出少∥南面_b0129659_8394330.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-06-22 08:50 | 試験体 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/13492283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100623 内縁を介して 100621 塀が無い >>