100708 庭木を残して

『大野中の家3』
庭木を残して工事は完了しました。
板塀の外に飛び出した薪の木(樹齢100年以上)、
墨入りの土間が風格と落ち着きを作っています。

塀を低くすることでこの一角で家を孤立させることなく
周囲との今までの関係を保つように配慮しています。
塀より上にフワァッとした緑が入るとやわらかい印象になってくると思います。

■薪の木が塀に腰掛けているように見えます
100708 庭木を残して_b0129659_8492739.jpg
辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南
by tsuji-chika | 2010-07-08 08:57 | 『大野中の家3』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/13565405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100709 ところ変われば 100707 必要最低限 >>