100818 紀州材/スギ赤身

外壁にはスギの赤身材を揃えて頂いた。
標高1,000mになる山中湖。標高に比例して紫外線の量も多い。
山荘ということもあり木にペンキ塗りという外壁が多いのですが聞いて見ると
4,5年毎に足場を組んで塗り替えないとパリパリとはがれてくるとのこと。
浸透性の塗料もあるが、それも顔料が飛んでしまいいつまでその効果が続くのかは疑問。

そこで材自体が持っている力に頼ろうということで赤身材を選択することに。
(足場を組んでペンキ塗り。1回のメンテンナンス分で赤身材を揃えることができます。)
厚15mm、目板張りとすることで実部分からの水の進入、板どうしの反り返りを防いでいます。

100818 紀州材/スギ赤身_b0129659_864512.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-08-18 08:08 | 『山中湖の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/13791591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100819 対角線 100817 その後 >>