100831 yamanacasa

別荘として計画されたyamanacasa
竣工後、客としてこの家に滞在し1泊2日ではありましたが
設計者の想像を越えた「気持ち良さ・居心地のよさ」を体験させて頂きました。
朝食後、食事コーナーのベンチで横になりウトウトしながら
「気持ち良いとはこういうことか・・・」と今更ながらに感じさせて頂きました。

家は竣工後持ち主の手に渡ってから持ち主と一緒に成長し歳を重ねていきます。
そこに注がれる愛情・想いに比例するように味わいが生まれてくるものです。
今回、ニコニコして出迎えて下さったご両親、
そして和歌山まで脚を運び声を掛けてくれた大学時代の友人から頂く言葉
そこからはこの家への愛情がひしひしと伝わってきました。
この計画に参加させていただいた者として今後この家がどのように成長していくか
それを見ていくのが楽しみでなりません。
また多くの方にこの家を体験して頂いて
「本当の気持ち良さ」を感じとって頂きたいと願っています。

b0129659_8354845.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-08-31 09:55 | 『山中湖の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/13886464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100901 豊田市美術館 100830 ふたつの部屋 >>