101013 擁壁工事

「大府の家」では地盤の掘削面積を最小限にすることで
余分な費用をかけない工夫をしています。

結果的にはその敷地高低差(約1m)が計画の大きなポイントに。
魅力あるアプローチ+庭が造られることになります。

■地盤の掘削がスタートしています
■捨てコンクリートを打って乾いた上で墨出しを行います
b0129659_9243763.jpg
b0129659_9232129.jpg
b0129659_923565.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-10-13 09:33 | 『大府の家』
<< 101015 コンビ 101011 三角関係 >>