101112 『七山の家』

総二階建ての切妻瓦屋根。
外壁は左官塗りと落ち着きのある佇まいを求めました。
妻面は蔵のような静かな立面、南面は下屋を出して懐深い表情が作られています。

2階に居間や台所・子供室を配置することで
構造に開放された大きな容積の空間が作られています。
南北に吹く風が居間を通り北の母屋まで通り抜ける計画戸袋を左官壁とすることなど木の表情が抑えられながら
瓦屋根がコテコテにならないようにシャープな印象の建物になればと思っています。

101112 『七山の家』_b0129659_944449.jpg101112 『七山の家』_b0129659_9431618.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-18 09:59 | 『七山の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/14425916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 101120 恥をかかないように 101117 成長する >>