101126 一体として考える

「湊の家」
とってつけたような車庫やカーポートを作るのであれば
母屋との関係を大事にしながら一体として考えた方が良いに決まっています。

母屋の屋根形状「寄棟(よせむね)」に対して片流れとすることで
主従の関係をはっきりとさせ屋根・外壁を同じ材料で仕上げることにより
形態の違いがストレートに表現されるようになっています。

b0129659_8464471.jpg
b0129659_8472035.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2010-11-26 08:57 | 『湊の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/14474386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 101120 その都度 101125 表層改良 >>