110120 2段構え

「七山の家」

「七山の家」も「大府の家」も南側の軒は2段構え。
両方とも南側に開けており、まともに雨・風を受けるということもあっての対策。

意匠としては、
総2階の建物の場合1階から2階へとスッとさえぎるもの無く立ち上がるのも良いのですが
間に軒が入ることで形が水平方向に分割され安定感のある形に落ち着くと思います。
又、1階に軒が出ていることで建物に近づきやすい懐深い印象になるかと・・・。

110120 2段構え_b0129659_8275099.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-01-20 08:41 | 『七山の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/14777880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 110122 2階からの景色 110119 同等品 >>