110128 床がめくれる

「大府の家」

床に畳を用いた時、置いているだけなので床(畳)をめくることが可能になります。
フローリングを張ってしまうともう一度めくってというわけにはいきません。

だからどうしたと聞こえてきそうですが、これが凄く便利になる場合も。
例えば部屋に変化を付ける為床を下げたい時、
床下にゆとりがなくなりますが何かあれば畳をめくって対応できますし
点検口を他でどうしてもとれない場合など
畳の下を点検口の代わりとすることが可能になります。

これを利用することで設計の巾がグッと広がります。

110128 床がめくれる_b0129659_13133068.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-01-28 13:19 | 『大府の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/14820847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 110129 隣家との間 110126 窓際 >>