110204 焼きスギ

「大府の家」

外壁が張られ始めました。
今回採用したのは焼きスギ板。
焼きスギとはスギの表面を燃やし炭化させて耐久性を高めた材料。
昔から見られる加工手法で耐久性はおりがみ付き。

本来は炭を残した凸凹の状態で焼きスギを使うのですが
住宅密集地ということもあるのでそれでは少し個性が強すぎると判断。
炭を落とした(それでもまだ手に少し炭が付きます)上で塗装を施した既製品を採用。
防火下地のダイライトを含めガルバリウム鋼板と同等の金額で張ることが可能です。
自然素材の風合いを楽しみながら耐久性も担保するにはとても良い材料だと思います。

■明日愛知へ向かいます 焼きスギがどのような印象になっているかとても楽しみ
110204 焼きスギ_b0129659_8403873.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-02-04 08:55 | 『大府の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/14858193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 110205 陰影 110203 開業準備 >>