110404 目立たないこと

「大府の家」

足場がとれ工事も大詰めに入ってきました。
外壁は全体的にトーンを揃え落ち着きある控えめな外観になっています。

サイディングの家が建ち並ぶ周辺環境(新興住宅地)の中において
自然素材を使うことはそれだけで目立つ存在になってしまいます。
目立つ家を作りたいわけではないので「浮く」ことは避けていきたい。

また自然素材を使うということは下手をすると民芸調におちいりやすく
今回は着色というベールをまとうことにより
細部が強調されない全体が一つの塊として見えてくるそんな外観になりました。
とても落ち着きがあって良い外観になっています。

湊の家http://tsujichika.exblog.jp/14474386/
と比べて頂くと違いが良くわかるかと思います。

■バルコニーの梁も着色されます
■家は庭に植えられる緑(植物)の背景になっていきます
110404 目立たないこと_b0129659_8201758.jpg


辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-04-04 08:43 | 『大府の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/15173103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 110405 キッチンらしく無... 110401 初節句 >>