110420 畳の間

「大府の家」

部屋全体が掘り込まれた特徴的な畳の間。
今までは少し上にあげることが多かったのですがhttp://tsujichika.exblog.jp/14311625/
部屋としての要素を強く(客間としても利用を想定)しようとこのような提案をさせて頂きました。
掘り込まれることで出入りの敷居が丁度良い腰掛けになり
またほどよく囲われることで一つの部屋として落ち着きが生まれています。

写真右の開口部は東に面することで
とても気持ちの良い朝日が入ってきます。
小さなお子様がいらっしゃるので縁台と一体となって遊び場としても楽しい部屋になりました。

110420 畳の間_b0129659_8325880.jpg110420 畳の間_b0129659_833335.jpg

辻・近川建築設計事務所∥和歌山∥海南

by tsuji-chika | 2011-04-20 08:42 | 『大府の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/15307269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 110421 中心 110416 竣工しました  >>