110928 土地所有という考え方

外国の人が日本の街を歩いて疑問に思うのが
建物間のスキマという話を聞いたことがあります。
アジアでもヨーロッパでも一枚の壁を境に所有者が異なる
いわゆる長屋形式が多い。外国の人はこのスキマを見て不経済なことをしていると思うようです。

土地所有という概念が強い日本においては
民法においても隣地境界線からの距離について触れられており
このスキマは、法律や土地への考え方があらわれたお国事情と言えます。

■何故このようなスキマができるか その背景にあるものを考えてみる
110928 土地所有という考え方_b0129659_8312497.jpg

辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2011-09-28 08:31 | 海南市の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/16355870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 110929 斜線制限 110927 もう少し何とか >>