120518 違う質の光

同じ白い壁に光があたっているだけなのですがその色味、明るさが微妙に違う。
南側からの光、北側天窓からの光、格子にバウンドしてOPの色がわずかに反射した光
白い室内をただヤミクモに明るくしただけではこの微妙な陰影を作ることはできません。
壁・天井の仕上げの質感、陰の存在があって
この豊かなトーン(諧調http://tsujichika.exblog.jp/16437056/)が生まれています。

■室内の格子や乳白のガラス、仕上げなどはこのトーンを作る為の装置として考える
120518 違う質の光_b0129659_7563737.jpg
120518 違う質の光_b0129659_7573573.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-18 08:12 | 『大府の家』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/18307393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 120519 頼もしい 120517 ごちゃごちゃしないこと >>