120525 タテとヨコの比

一眼レフカメラのアスペクト比(長辺と短辺の比)は3:2。
写真を意識して撮るようになってからこのタテとヨコの比について考えることが多くなった。

意識するしないに関わらず
普段目にする写真は4:3や3:2、あるいは1:1の比がほとんどで
ライカやフルハイビジョンTVのように16:9といったものを加えて
だいたいの写真がこの比で表現されている。
見慣れた比ということは、人間が違和感無く受け入れられるとも言える。

建築に置き換えてみると落ち着くであったり、安定感であったりするものは
このアスペクト比がとても重要ではないかと思っている。

さて本題・・・。
昨日紹介した吉村順三設計の講義棟の中階廊下。
廊下巾3,200mm、天井高さが2,230mmとほぼ3:2の比率。
添付している写真の比率が同じく3:2なのでものすごく安定した構図になっているのが分かると思います。

当時意識してこのような比が用いられていたかはわかりませんが
良い建物には必ずこういった隠れた比率が存在しています。

120525 タテとヨコの比_b0129659_8175467.jpg


辻・近川建築設計事務所

by tsuji-chika | 2012-05-25 08:34 | 『その他』 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsujichika.exblog.jp/tb/18343144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 120526 反カタログ建築 120524 愛知県立芸術大学 >>